Pages for iCloud beta: テキストを追加する/置き換える/コピーする

テキストを追加する/置き換える/コピーする

次の方法でテキストを書類に追加できます。

  • ワードプロセッサ書類で)書類の本文を入力します。

  • テンプレートのプレースホルダテキストを置き換えます。

  • テキストボックスオブジェクトを追加し、テキストボックスの中にテキストを入力します(サイドバーなど)。

書類本文内のテキストをコピー(またはカット)し、本文、テキストボックス、図形に貼り付けることもできます。

ワードプロセッサ書類の本文にテキストを追加する、またはテキストを編集する

  • 入力を開始するか、またはテキストを追加する場所に挿入ポイントを置いてから入力します。また、変更したいテキストを選択して、編集することもできます。

    テキストを削除するには、テキストを選択し、Delete キーを押します (あるいは、削除するテキストの端をクリックし、テキストが消えるまで Delete キーを押し続けます)。

プレースホルダテキストを置き換える

Pages for iCloud の多くのテンプレートはプレースホルダのテキストを含んでおり、そのテンプレートを使用して作成した書類がどのように表示されるかがわかります。また、プレースホルダのテキストで、その文書で使用されるテキストのスタイルを確認することもできます。

  • プレースホルダテキストをクリックして選択し、文字を入力します。

テキストボックスを追加する

テキストボックスは、あらゆるタイプの書類に追加できます。たとえばページレイアウト書類で、写真の下にテキストボックスを追加し、キャプションを付けることができます。ワードプロセッサ書類では、本文テキストから離れた位置にあるサイドバーにテキストボックスを追加できます。

  1. ツールバーの「テキスト」ボタン をクリックします。

    プレースホルダテキストのあるテキストボックスがページに表示されます。テキストボックスの周囲に青い点線(選択ハンドル)が表示されている場合、それが選択されているということを示しています。

  2. テキストボックスをドラッグして、ページ上で再配置します。

  3. テキストボックスが選択されている状態で入力すると、プレースホルダテキストが置換されます。

  4. 入力したテキストがボックスに入らない場合、切り捨てインジケータ が末尾に表示されます。テキスト全体を表示するには、以下のいずれかを実行します。

    • テキストボックスのサイズを変更する:切り捨てインジケータまたは選択ハンドルをドラッグします。

      選択ハンドルが表示されていない場合は、テキストボックスの外側をクリックしてから、もう一度テキストボックスをクリックします。

    • 小さいフォントまたはフォントサイズを選択する: テキストを選択してから、右側の「フォーマット」サイドバーの「テキスト」セクションで、別のフォントまたはサイズを選択します。

    • はみ出たテキストを別のテキストボックスに移す:テキストボックスの先頭にある丸印をクリックしてスレッド(リンクされた一連のテキストボックス)を開始します。ツールバーの「テキスト」ボタンをクリックして新しいテキストボックスを作成し、その先頭にある丸印をクリックしてそれをスレッドに追加します。最初のテキストボックスのはみ出たテキストが 2 番目のテキストボックスに移ります。詳しくは、テキストボックスをリンクするを参照してください。

    テキストボックスが選択されて、周囲に青い選択ハンドルが表示されています。末尾に切り捨てインジケータが表示されており、はみ出したテキストがあることが示されています。先頭の丸印をクリックすると、新しいスレッドが開始されます。

テキストボックスを削除するには、テキストを選択し (テキストボックスに入力していたとき、場合によっては、最初にテキストボックスの外をクリックし、それからボックスをクリックし、選択ハンドルを表示する必要があります)、Delete キーを押します。

テキストをコピーする/カットする/ペーストする

テキストをコピーまたはカットして、書類内の別の場所にそれをペーストできます。

  1. コピーまたはカットしたいテキストを選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • Mac の場合:テキストをコピーするには Command+C、テキストをカットするには Command+X キーを押します。

    • Windows コンピュータの場合: テキストをコピーするには Ctrl+C、テキストをカットするには Ctrl+X キーを押します。

    (キーボードの Delete キーを押すのではなく)テキストをカットした場合、そのテキストを別の場所にただちにペーストできます。

  3. テキストをペーストするには、それを表示する挿入ポイントを配置(またはテキストを選択)してから、次のいずれかを実行します。

    • Mac の場合: Command+V を押します。

    • Windows コンピュータの場合: Ctrl+V を押します。

公開日: 2018/11/17
役に立ちましたか?