Keynote for iCloud beta: デバイス間でプレゼンテーションを同期する

デバイス間でプレゼンテーションを同期する

Mac または iOS デバイスで iCloud を設定すると、すべてのデバイス上の Keynote App および Keynote for iCloud 上でプレゼンテーションの同期が維持されます。これにより、Keynote プレゼンテーションを Mac、iOS デバイス、あるいは Web 上のいずれから作成、編集しても、その結果はすべての場所に反映されます。

Mac からプレゼンテーションを同期する

Mac で iCloud の設定が行われ、OS X 10.10 以降がインストールされていることを確認します。詳細については、iWork と iCloud Drive を使うを参照してください。

  • Mac 上で iCloud に表示させたいプレゼンテーションを開き、次のうちのいずれかを実行します:

    • 保存済みのプレゼンテーションの場合:「ファイル」>「移動」を選択して、「場所」ポップアップメニューをクリックして「iCloud」を選択します。

    • 未保存のプレゼンテーションの場合:「ファイル」>「保存」を選択して、「場所」ポップアップメニューをクリックして「iCloud」を選択します。

    Keynote for iCloud で行ったプレゼンテーションの変更は Mac 上の Keynote に自動的に表示されます。同様に、Keynote for Mac で行ったプレゼンテーションの変更は Keynote for iCloud に自動的に表示されます。

iOS デバイスからプレゼンテーションを同期する

iOS デバイスで iCloud の設定が行われ、iOS 8 以降がインストールされていることを確認します。詳細については、iWork と iCloud Drive を使うを参照してください。

  • iOS デバイス上で Keynote プレゼンテーションを作成します。

    プレゼンテーションが Keynote for iCloud に自動的に表示されます。

    Keynote for iCloud で行ったプレゼンテーションの変更は iOS デバイス上の Keynote に反映されます。同様に、iOS デバイス上の Keynote で行ったプレゼンテーションの変更は Keynote for iCloud に反映されます。

同期記号について

プレゼンテーションマネージャのプレゼンテーションのサムネールに同期記号が表示されることがあります。

  • が表示された場合、iCloud へのアップロードが進行中です。

  • が表示された場合、アップロードは失敗しました。

プレゼンテーションマネージャでプレゼンテーションを開くことができず、どちらかの記号がプレゼンテーションのサムネールに表示されている場合、プレゼンテーションの作成に使用したデバイスがインターネットに接続されており、iCloud を使用するように設定されていることを確認してください。

公開日: 2018/11/20
役に立ちましたか?