iCloud: 「友達を探す」で自分の位置情報を共有する

「友達を探す」で自分の位置情報を共有する

iOSデバイス上の「友達を探す」Appで自分の位置情報を共有できます。自分の位置情報を共有した後で、iOSのAppを使用して友達にフォローのリクエストを送信し、友達の位置情報をiCloud.comの「友達を探す」を使用して確認できます。

自分の位置情報を共有する

iCloud.comを使用して友達と位置情報を共有する前に、iOSデバイスで「友達を探す」Appを使用して共有する友達を追加する必要があります。

  1. iOSデバイス上で、「友達を探す」を開き、「追加」をタップします。

  2. 「宛先」フィールドをタップし、連絡先の名前、メールアドレス、電話番号を入力します。各項目を入力した後に「改行」をタップします。

    友達が近くにいる場合は、AirDropで自分の位置情報を共有できます。連絡先の名前を入力する代わりに、「宛先」フィールドの下のデバイスをタップします。

  3. 「送信」をタップし、「1時間」、「明け方まで共有」、または「無期限」から選択します。

    iOSデバイスの「友達を探す」AppおよびiCloud.comで、その友達は「友達」リストに「フォロワーです」ラベルと共に表示されます。友達の位置情報を確認するためのリクエストを送信するには、iOSデバイス上のAppを使用します。友達をタップし、「フォローをリクエスト」をタップします。

iOSデバイスで「友達を探す」Appを使用して自分の位置情報の共有を開始すると、iCloud.comの「友達を探す」を使用して共有を停止または再開することができます。詳細については、位置情報の共有を停止するを参照してください。

位置情報の共有に使用するデバイスを選択する

複数のデバイスで「友達を探す」を使用している場合は、iCloud.comの「友達を探す」を使用して、友達があなたの場所を探すために調べるデバイスを選択します。どのデバイスでも友達をフォローできますが、友達がフォローできるのはあなたの所有するデバイスのうち1つだけです。

  1. 「自分」をクリックし、「自分の位置情報を共有」チェックボックスを選択します(まだ選択されていない場合)。

  2. 「自分の位置情報を共有」ポップアップメニューをクリックし、デバイスを選択します。

  3. 「完了」をクリックします。

iPhoneがApple Watch Series 3(GPS + Cellular)とペアリングされている場合、Apple WatchがiPhoneの接続範囲外にあり、Apple Watchが腕に装着されているときは、Apple Watchの位置情報が共有されます。

注記:Apple Watchから位置情報の共有を停止することができます。「設定」>「一般」>「位置情報サービス」に移動して、「自分の位置情報を共有」をオフにします。

位置情報の共有を停止する

iCloud.comの「友達を探す」を使用すれば、いつでも位置情報の共有を停止することができます。あなたをフォローしている人はあなたの位置情報を表示できませんが、あなたはフォローしている人を表示できます。

  • 「自分」をクリックし、「自分の位置情報を共有」チェックボックスの選択を解除し、「終了」をクリックします。

デバイスがオフ、機内モード、またはオフラインになっている場合と同じように、フォロワーのデバイス上で「友達を探す」の自分の名前の下に「位置情報がありません」と表示されます。

注記:デバイスの「友達を探す」に制限を設定すると、「自分の位置情報を共有」をオフにすることや、位置情報サービスを無効にすることはできません。必要に応じて、「設定」>「スクリーンタイム」>「コンテンツとプライバシーの制限」(iOS 11以前の場合は、「設定」>「一般」>「機能制限」)の順にタップして、制限を変更できます。

公開日: 2019/04/10
役に立ちましたか?