MacのためのiMovie: メモリカードとケーブルについて

メモリカードとケーブルについて

記録装置からMacにメディアを読み込むには、メモリカードを装置から取り出し、Macまたはメモリ・カード・リーダーに挿入する必要があります。適切なケーブルを使用して、装置を直接Macに接続することもできます。その場合は、メモリカードまたはデバイスからメディアを読み込むことができます。詳しくは、ファイルベースのカメラから読み込むを参照してください。

メモリカード

ファイルベースのビデオカメラおよびデバイスの多くは、メディアをリムーバブル・メモリ・カードに記録します。カードリーダーをMacに接続し、メモリカードの内容をMacに転送できます。SD(セキュアデジタル)またはSDXC(SD extended capacity)カードスロットを搭載しているMacコンピュータでは、スロットに挿入されたSDメディアに対してデータを読み書きできます。お使いのMacにカードスロットがある場合は、カードをカメラから取り出してMacに挿入し、ファイルを読み込むことができます。

詳しくは、「SDおよびSDXCカードスロットについて」を参照してください。

SDメモリカード

ケーブルとデバイス

Thunderbolt接続、USB接続、またはFireWire接続を使用して、デバイスをMacに接続することもできます。必要となるケーブルの種類は、使用しているデバイスの種類によって異なります:

  • Thunderboltデバイス: Thunderbolt I/Oテクノロジーを使用するデバイスでは、MacのThunderboltまたはMini DisplayPort出力ポートに接続する、次のようなコネクタを使用します。

    Thunderboltコネクタ
  • USBデバイス: ファイルベースのビデオカメラ、ビデオを録画できるデジタル・スチル・カメラ、iPad、iPhone、およびiPod touchにはUSBケーブルを使用します。Macに接続できるタイプAコネクタ(次の図の上部)がUSBケーブルに付いている場合があります。記録装置に接続するUSBケーブルのもう一方の端は、タイプBコネクタを備えており、外観が異なる場合があります(次の図の下部)。新しいビデオカメラは、両端にタイプCコネクタを備えたUSBケーブルを使用している場合があります(次の図の下部)。

    USBタイプAコネクタ、タイプBコネクタ、およびタイプCコネクタ
  • FireWireデバイス: テープに記録するビデオカメラのほとんどでは、Macに接続する6ピンコネクタ(次の図の上部)が一方の端、ビデオカメラに接続する4ピンコネクタ(次の図の下部)がもう一方の端に付いているFireWireケーブルを使用します。

    FireWireの4ピンコネクタと6ピンコネクタ

    FireWire 800ケーブルを使用する場合もあります(ビデオカメラまたはMacに接続する側のコネクタが異なります)。

    FireWire 800コネクタ
公開日: 2019/10/11
役に立ちましたか?