iCloud: 2ファクタ認証

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
2ファクタ認証

2ファクタ認証は、Apple IDのセキュリティ対策を二重にして強化し、たとえ誰かにパスワードを知られてしまっても、アカウントに本人だけがアクセスできるようにする認証方式です。

2ファクタ認証を設定する

アカウントが2ファクタ認証の条件をすべて満たしている場合は、初めてMacを使うときに、この認証をオンにするよう促すメッセージが表示されます。この認証はiCloudの環境設定でもオンにできます。Appleメニュー>「システム環境設定」を選択し、「iCloud」をクリックします。必要に応じてアカウントにサインインし、「アカウントの詳細」、「セキュリティ」の順にクリックします。

重要:2ステップ確認をお使いの場合は、2ファクタ認証をオンにする前に2ステップ確認をオフにする必要があります。これを行うには、Apple IDアカウントのページにサインインします。「セキュリティ」のセクションで「編集」をクリックし、「2ステップ確認をオフにする」をクリックします。新しいセキュリティ質問を作成し、誕生日を確認するよう求められます。Apple IDの2ステップ確認が無効になったことを確認するメールが届きます。

2ファクタ認証を使う

2ファクタ認証の設定後、新しいデバイスで初めてApple IDとパスワードを入力すると、6桁の確認コードによる本人確認を行うことが求められます。このコードはお使いのほかのデバイスに自動的に表示されるか、信頼できる電話番号へ送信されます。コードを入力してサインインを完了すると、新しいデバイスからアカウント情報にアクセスできるようになります。

同じデバイスで確認コードを再度入力するよう求められることはありませんが、iCloudから完全にサインアウトした場合、デバイスのデータを消去した場合、セキュリティ保護のためにパスワードの変更が必要になった場合は、確認コードによる本人確認が再度必要になります。

信頼できるデバイスや電話番号は、信頼できるMacのiCloud環境設定および信頼できるiOSデバイスの「設定」>[自分の名前]>「iCloud」>「Apple ID」(または「設定」>「iCloud」>「Apple ID」)で、またはApple IDアカウントのページにサインインすることで管理できます。

詳細については、Appleサポート記事「Apple IDの2ファクタ認証」を参照してください。

公開日: 2019/04/10
役に立ちましたか?