Japanese Input Method: 日本語入力ソースを使用して日本語を入力する

日本語入力ソースを使用して日本語を入力する

日本語テキストの入力には、ライブ変換と従来方式の変換の 2 つの方法を使用できます。

ライブ変換を使用する

ライブ変換を使用すると、入力中にひらがなが漢字などの日本語テキストに自動的に変換されます。スペースバーを押して個々の単語を変換する必要はありません。

  1. 日本語入力を有効にして、メニューバーの入力メニューをクリックしてから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ライブ変換」を選択します(メニュー項目の横にチェックマークが表示されます)。

    • 「“日本語”環境設定を開く」を選択して、「ライブ変換」チェックボックスを選択します。

  2. ひらがなを入力します。以下のことができます:

    • 可能性のあるすべての変換が表示されるよう、単語全体を入力してください。

    • スペースバーを 1 回以上押すと、追加の候補が表示されます。

    • 左矢印キーを押すと、変換の下線が回復します。

従来方式の変換を使用する

従来方式の変換を使用するときは、テキストをひらがなで入力してから、漢字に変換します。

  1. メニューバーの入力メニューをクリックして、「ひらがな」を選択します。

    「ひらがな」が表示されない場合は、日本語入力を有効にします

  2. メニューバーの入力メニューをクリックし、「“日本語”環境設定を開く」を選択して、「ライブ変換」チェックボックスの選択を解除します。

    重要: これによりライブ変換が無効になります。

  3. 書類にテキストを入力します。

  4. 以下のいずれかを実行します:

    • テキストを入力候補に変換するには、スペースバーを押します。

    • 別の変換候補を選択するには、スペースバーを 2 回押して候補ウインドウを開き、リストから項目を選択します。

  5. 候補を確定するには、Return キーを押します。

公開日: 2017/04/02
役に立ちましたか?