iMovie ‘11: プロジェクトにサウンドクリップを追加する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
プロジェクトにサウンドクリップを追加する

サウンドエフェクトやミュージックをプロジェクト内のビデオクリップに追加できます。「iMovie」には選択可能なサウンドエフェクトがいくつか用意されています。また、「GarageBand」や iTunes ライブラリにある録音済みのオーディオを使用することもできます。

ビデオにサウンドクリップを付けるには:

  1. プロジェクトブラウザでプロジェクトを開いた状態で、ビューアの下にあるツールバーの「ミュージックとサウンドエフェクト」ボタンをクリックするか、「ウインドウ」>「ミュージックとサウンドエフェクト」と選択します。

    「ミュージックとサウンドエフェクト」ボタンのイメージ

    「ウインドウ」メニューは、コンピュータ画面の上部に表示される明るいグレイのバー内にあります。

  2. 「ミュージックとサウンドエフェクト」ブラウザの上部にあるポップアップメニューからいずれかのオプションを選択し、追加したいミュージックまたはサウンドファイルの検索範囲を絞ります。ポップアップメニューが表示されていない場合は、グレイのドットを上にドラッグして表示します。

    グレイのドットのイメージ。
  3. プロジェクトをブラウズして使用したいミュージックを見つけるか、ブラウザの下にある検索フィールドを使って、名前でオーディオファイルを見つけます。

  4. プロジェクトブラウザで、再生を開始したいビデオフレーム上に、オーディオファイルをドラッグします。

    サウンドエフェクトが適用されたビデオの下に、緑色のバーが現れます。

    オーディオクリップを表す緑色のバーのイメージ。

サウンドクリップをプロジェクト内の異なるビデオクリップに移動するには:

プロジェクトブラウザで、プロジェクト内の任意のビデオフレームまたは静止画まで緑色のバーをドラッグします。

「両端をスナップ」が入の場合(「表示」>「両端をスナップ」と選択し、その横にチェックマークが付いていることを確認します)、プロジェクトブラウザ内でオーディオクリップをドラッグすると、クリップのアンカーがビデオクリップの始点に揃えられます。位置揃えを行うと、黄色の縦線が表示されます。

オーディオクリップのアンカーとは、クリップをドラッグするためにポインタでクリップを「つかんだ」場所です。オーディオクリップの任意の場所をつかむことができるため、この機能によって、オーディオクリップの任意の部分をビデオクリップと揃えることができます。

オーディオクリップのアンカーポイントのイメージ。

プロジェクトからサウンドクリップを削除するには:

  1. プロジェクトブラウザで、ビデオクリップの下に表示されている緑色のバーを選択します。選択すると黄色のアウトラインで囲まれて表示されます。

  2. Delete キーを押すか、「編集」>「選択項目を削除」と選択します。

    「編集」メニューは、コンピュータ画面の上部に表示される明るいグレイのバー内にあります。

サウンドエフェクトやミュージック・クリップが長すぎる場合はトリミングできます。方法については、次のトピックを参照してください:サウンドクリップまたはミュージック・クリップの開始と終了を設定する

バックグラウンドミュージックに重なったサウンドエフェクトが聴きとりにくい場合は、サウンドエフェクトの再生が行われる個所でバックグラウンドミュージックの音量が自動的に小さくなるようにし(ダッキングし)、サウンドエフェクト内のオーディオを優先させることができます。競合するオーディオクリップの音量を下げる

Published Date: 2015/11/11
Helpful?