MacのためのDisk Utility: 「ディスクユーティリティ」を使用してディスクイメージを作成する

「ディスクユーティリティ」を使用してディスクイメージを作成する

「ディスクユーティリティ」を使用してディスクイメージを作成します。

注記: Finder の「ディスクを作成」コマンドを使用して、CD または DVD に情報を書き込むことができます。詳しくは、CD および DVD を作成するを参照してください。

保存用の空のディスクイメージを作成する

空のディスクイメージを作成して、そこにデータを書き込み、それを使ってディスク、CD、または DVD を作成します。

  1. 「ファイル」>「新規イメージ」>「空のイメージを作成」と選択します。

  2. ディスクイメージのファイル名を入力し、必要に応じてタグを追加してから、保存する場所を選択します。

    これは Finder に表示される名前で、ディスク・イメージ・ファイルを開く前に保存する場所です。

  3. 「名前」フィールドにディスクイメージの名前を入力します。

    この名前は、ディスクイメージを開いた後に、デスクトップおよび Finder サイドバーに表示されます。

  4. 「サイズ」フィールドにディスクイメージのサイズを入力します。

  5. 「フォーマット」ポップアップメニューをクリックして、ディスクのフォーマットを選択します:

    • ディスクを Mac コンピュータで使用する場合は、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」または「Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)」を選択します。

    • ディスクが 32 GB 以下で、これを Windows または Mac コンピュータで使用する場合は、「MS-DOS(FAT)」を選択します。

    • ディスクが 32 GB を越えており、これを Windows または Mac コンピュータで使用する場合は、「exFAT」を選択します。

  6. ディスクイメージを暗号化するときは、「暗号化」ポップアップメニューをクリックして、暗号化オプションを選択します。

  7. 「パーティション」ポップアップメニューをクリックして、パーティションのレイアウトを選択します。

  8. 「イメージフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します:

    • スパースバンドル:スパースイメージと同じですが、イメージのディレクトリデータを格納する方法が異なります。ファイル拡張子 .sparsebundle が使用されます。

    • スパース:必要に応じて縮小および拡大する拡張可能ファイルを作成します。追加スペースが使用されることはありません。ファイル拡張子 .sparseimage が使用されます。

    • 読み出し/書き込み:ディスクイメージを作成した後に、ファイルを追加できます。ファイル拡張子 .dmg が使用されます。

    • DVD/CD マスター:イメージのサイズが 177 MB(CD 8 cm)に変更されます。ファイル拡張子 .cdr が使用されます。

  9. 「保存」をクリックしてから、「完了」をクリックします。

    ディスク・イメージ・ファイルが Finder 内の保存した場所に作成され、ディスクアイコンがデスクトップと Finder サイドバーでマウントされます。

  10. Finder で、ファイルをマウント済みディスクイメージにコピーしてから、取り出します。

  11. ディスクイメージをディスクに復元します。

ディスクまたは接続されているデバイスからディスクイメージを作成する

物理ディスク上、または USB デバイスなどの接続されているデバイス上のデータと空き領域を含むディスクイメージを作成します。たとえば、USB デバイスまたはボリュームが 80 GB で、10 GB のデータが含まれている場合、ディスクイメージのサイズはデータと空き領域を含む 80 GB になります。そのディスクイメージを別のボリュームに復元できます。

  1. サイドバーでディスク、ボリューム、または接続されているデバイスを選択します。

  2. 「ファイル」>「新規イメージ」と選択してから、「<デバイス名>からイメージ作成」を選択します。

  3. ディスクイメージのファイル名を入力し、必要に応じてタグを追加してから、保存する場所を選択します。

    これは Finder に表示される名前で、ディスク・イメージ・ファイルを開く前に保存する場所です。

  4. 「フォーマット」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します:

    • 読み出し専用:ディスクイメージに書き込むことはできず、作成したり開いたりするときの速度が向上します。

    • 圧縮:データが圧縮され、ディスクイメージは元のデータより小さくなります。ディスクイメージは読み出し専用です。

    • 読み出し/書き込み:ディスクイメージを作成した後に、ファイルを追加できます。

    • DVD/CD マスター:他社製アプリケーションで使用できます。これには、使用されないセクタも含み、ディスクイメージのすべてのセクタのコピーが取り込まれます。マスターのディスクイメージを使用してほかの DVD または CD を作成すると、すべてのデータがその通りにコピーされます。

  5. ディスクイメージを暗号化するときは、「暗号化」ポップアップメニューをクリックして、暗号化オプションを選択します。

  6. 「保存」をクリックしてから、「完了」をクリックします。

    ディスク・イメージ・ファイルが Finder 内の保存した場所に作成され、ディスクアイコンがデスクトップと Finder サイドバーでマウントされます。

重要: 障害があると考えられるディスクや破損した情報が含まれるディスクのディスクイメージを作成しないでください。ディスクイメージは信頼性の高いバックアップとして使用できません。

フォルダまたは接続されているデバイスからディスクイメージを作成する

フォルダや、USB デバイスなどの接続されているデバイスの内容が含まれるディスクイメージを作成します。この方法では、デバイスの空き領域がディスクイメージにコピーされません。たとえば、USB デバイスまたはボリュームが 80 GB で、10 GB のデータが含まれている場合、ディスクイメージはサイズが 10 GB、データのみを含み、空き領域を含みません。そのディスクイメージを別のボリュームに復元できます。

  1. 「ファイル」>「新規イメージ」と選択してから、「フォルダからのイメージを作成」を選択します。

  2. 表示されるダイアログでフォルダまたは接続されているデバイスを選択して、「開く」をクリックします。

  3. ディスクイメージのファイル名を入力し、必要に応じてタグを追加してから、保存する場所を選択します。

    これは Finder に表示される名前で、ディスク・イメージ・ファイルを開く前に保存する場所です。

  4. ディスクイメージを暗号化するときは、「暗号化」ポップアップメニューをクリックして、暗号化オプションを選択します。

  5. 「イメージフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します:

    • 読み出し専用:ディスクイメージに書き込むことはできず、作成したり開いたりするときの速度が向上します。

    • 圧縮:データが圧縮され、ディスクイメージは元のデータより小さくなります。ディスクイメージは読み出し専用です。

    • 読み出し/書き込み:ディスクイメージを作成した後に、ファイルを追加できます。

    • DVD/CD マスター:他社製アプリケーションで使用できます。これには、使用されないセクタも含み、ディスクイメージのすべてのセクタのコピーが取り込まれます。マスターのディスクイメージを使用してほかの DVD または CD を作成すると、すべてのデータがその通りにコピーされます。

    • ハイブリッドイメージ(HFS+/ISO/UDF):このディスクイメージはディスクイメージのフォーマットの組み合わせであり、HFS、ISO、UDF などのさまざまなファイルシステム規格で使用できます。

  6. 「保存」をクリックしてから、「完了」をクリックします。

    ディスク・イメージ・ファイルが Finder 内の保存した場所に作成され、ディスクアイコンがデスクトップと Finder サイドバーでマウントされます。

セキュリティ保護されたディスクイメージを作成する

ほかのユーザに許可なく見られたくない機密書類がある場合は、暗号化されたディスクイメージにそれらを入れることができます。

注記: ホームディレクトリのすべての内容を保護したい場合は、「セキュリティとプライバシー」環境設定の「FileVault」パネルを使って FileVault を入にします。

  1. 「ファイル」>「新規イメージ」>「空のイメージを作成」と選択します。

  2. ディスクイメージのファイル名を入力し、必要に応じてタグを追加してから、保存する場所を選択します。

    これは Finder に表示される名前で、ディスク・イメージ・ファイルを開く前に保存する場所です。

  3. 「名前」フィールドにディスクイメージの名前を入力します。

    この名前は、ディスクイメージを開いた後に、デスクトップおよび Finder サイドバーに表示されます。

  4. 「サイズ」フィールドにディスクイメージのサイズを入力します。

  5. 「フォーマット」ポップアップメニューをクリックして、ディスクのフォーマットを選択します:

    • Mac OS 拡張(ジャーナリング)

    • Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)

  6. 「暗号化」ポップアップメニューをクリックして、暗号化オプションを選択します。

  7. パスワードを入力および再入力してディスクイメージをロック解除してから、「選択」をクリックします。

    警告: このパスワードを忘れると、ディスクイメージを開いてファイルを見ることができなくなります。

  8. 残りのオプションは、デフォルト設定を使用します:

    • 「パーティション」ポップアップメニューをクリックして、「単一パーティション - GUID パーティションマップ」を選択します。

    • 「イメージフォーマット」ポップアップメニューをクリックして、「読み出し/書き込み」ディスクイメージを選択します。

  9. 「保存」をクリックしてから、「完了」をクリックします。

    ディスク・イメージ・ファイルが Finder 内の保存した場所に作成され、ディスクアイコンがデスクトップと Finder サイドバーでマウントされます。

  10. Finder で、保護したい書類をディスクイメージにコピーします。

  11. 元の書類を回復できないように消去したい場合は、「ゴミ箱」にドラッグして、「Finder」>「ゴミ箱を空にする」と選択します。

セキュリティ保護されたディスクイメージ上の書類を使い終わったら、必ずディスクイメージを取り出してください。デスクトップ上に表示されていれば、コンピュータアカウントにアクセスできるユーザはだれでも書類を使用できてしまいます。

ディスクイメージに含まれるデータにアクセスするには、ディスクイメージをダブルクリックします。デスクトップ上に表示され、ディスクと同じようにファイルを追加、削除、および編集することができます。

Published Date: 2016/09/28
Helpful?