OS X El Capitan: iCloud Drive に書類を保存する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
iCloud Drive に書類を保存する

iCloud Drive は、プレゼンテーション、スプレッドシート、PDF、イメージ、およびその他の種類の書類を iCloud に保存するため、iCloud Drive が設定されたすべてのデバイスからそれらの書類にアクセスできます。アプリケーションで書類を共有できるようにするため、複数のアプリケーションで同じファイルの作業を行うことができます。詳しくは、iCloud Drive とは?を参照してください。

iCloud Drive は、Mac コンピュータ(OS X v10.10 以降)、iOS デバイス(iOS 8 以降)、および iCloud for Windows(Windows 7 以降が必要)を搭載した Windows コンピュータで使用できます。コンピュータとデバイスで同じ Apple ID を使用して iCloud にサインインしている必要があります。iCloud Drive は、「Pages」、「Numbers」、「Keynote」、「GarageBand」、および対応しているその他のアプリケーションで利用できます。

iCloud.com で iCloud Drive を使用することもできます。Mac または Windows コンピュータの Web ブラウザから、ファイルのアップロードとダウンロード、ファイルの削除、フォルダ内のファイルの整理、およびファイルの名前の変更を行うことができます。

iCloud Drive を設定して「書類とデータ」から移行する

iCloud Drive に書類を保存するには、iCloud アカウントをアップグレードして iCloud Drive を使用できるようにしておく必要があります。これは、Mac または iOS デバイスを最初に設定したときに行っている場合があります。設定時にアップグレードしなかった場合は、Mac、iOS デバイス、または Windows コンピュータで iCloud Drive を入にするだけで、いつでもアップグレードできます。

Important:   「書類とデータ」でデバイスを設定してから iCloud Drive にアップグレードした場合は、iCloud に保存されている書類とデータがアップグレード時に iCloud Drive にコピーされます。それにより、それらの書類とデータが、iCloud Drive 用に設定されているすべてのデバイスで利用できるようになります。
  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「iCloud」をクリックします。

  2. iCloud Drive を入にします。

    iCloud アカウントを「書類とデータ」から iCloud Drive にアップグレードするか確認を求めるメッセージが表示されます。iCloud Drive へのアップグレードについて確認するメッセージが表示されない場合、iCloud アカウントはすでにアップグレードされています。

1 台のコンピュータまたは iOS デバイスで iCloud Drive にアップグレードすると、ほかのコンピュータや iOS デバイスでも iCloud Drive を入にすることができるようになります。デバイスで iCloud Drive を入にしない場合、このデバイスの書類とデータは、iCloud Drive 用に設定されているデバイス上の書類とデータと同期されません。

iCloud Drive の基本

iCloud Drive にあるすべてのファイルは、Mac で操作するほかのフォルダと同様のフォルダに整理されます。「プレビュー」、「テキストエディット」、「Pages」、「Numbers」、「Keynote」などの iCloud Drive に対応するアプリケーションのフォルダは自動的に作成されます。新しいフォルダを作成して iCloud Drive に追加する項目を整理することができます。

iCloud Drive のファイルやフォルダを操作するには、Finder のサイドバーで「iCloud Drive」をクリックします。

アプリケーションフォルダに書類を配置する:iCloud Drive のアプリケーションフォルダは、デバイス上の iCloud Drive に対応するアプリケーションに対して自動的に作成されます。書類をそれらのフォルダに移動したり、それらのフォルダ内にフォルダを作成したりできますが、アプリケーションで開くことができる書類しか格納できません。たとえば、「プレビュー」フォルダには PDF や各種イメージファイルを格納できますが、ムービーや Zip アーカイブは格納できません。

項目をフォルダ内に移動する:ファイルとフォルダを iCloud Drive 内の別のフォルダにドラッグするか、アプリケーションフォルダと同じレベルの iCloud Drive にドラッグします。

項目を Mac に移動して iCloud Drive から削除する:iCloud Drive から Mac にファイルとフォルダをドラッグします。それらの項目は Mac にコピーされ、iCloud を設定したすべてのデバイスの iCloud Drive からすぐに削除されます。iCloud.com の iCloud Drive からも削除されます。必要に応じて、それらの項目を iCloud Drive にドラッグして元に戻すこともできます。

iCloud Drive に項目をコピーする:Mac から iCloud Drive にファイルとフォルダをドラッグします。最終的には、両方にその項目のコピーが存在することになります。iCloud Drive のコピーは、iCloud Drive が設定されたすべてのデバイスで最新の状態が保たれます。

書類を開くとき、または新しい書類を iCloud Drive に対応するアプリケーションで保存するときに iCloud Drive を使用することもできます。

詳しくは、フォルダの基本およびファイルやフォルダを削除するを参照してください。

保存した書類を iCloud Drive に移動する

「テキストエディット」や「プレビュー」などの iCloud Drive に書類を保存することができるアプリケーションでは、保存した書類を Mac から iCloud Drive に移動することもできます。詳しくは、書類を保存するを参照してください。

  1. 書類をアプリケーションで開き、「ファイル」>「移動」と選択します。

  2. ポップアップメニューをクリックして、「iCloud Drive」または「<アプリケーション名>—iCloud」を選択し、「移動」をクリックします。

    「iCloud Drive」を選択した場合、書類は iCloud Drive のメインレベルに移動します。

    「<アプリケーション名>—iCloud」を選択した場合、書類は iCloud Drive のアプリケーションフォルダに移動します。

iCloud Drive の書類は、iCloud Drive を使用するように設定されたすべてのデバイスで利用でき、インターネットに接続していないときでも編集できます。

iCloud Drive に書類をコピー、移動、保存できない場合

書類を iCloud Drive に保存できない場合は、iCloud ストレージに空き領域がない可能性があります。書類はお使いの Mac に残り、使用可能な空き領域ができると iCloud Drive にアップロードされます。

空き領域を増やすために、ストレージをアップグレードできます。iCloud Drive に保存する必要がない項目を削除することもできます。詳しくは、iCloud ストレージを管理するを参照してください。

保存した書類を iCloud Drive から削除する

「テキストエディット」や「プレビュー」などの iCloud Drive に書類を保存することができるアプリケーションでは、保存した書類を iCloud Drive から Mac のフォルダに移動することもできます。書類を iCloud から削除すると、その書類は iCloud Drive からも、iCloud Drive を使用するように設定されたほかのデバイスからも削除されます。iCloud.com 上の iCloud Drive でも使用できなくなります。

  1. 書類をアプリケーションで開き、「ファイル」>「移動」と選択します。

  2. ポップアップメニューをクリックして、Mac 上のフォルダを選択し、「移動」をクリックします。

Published Date: 2017/09/18
Helpful?