Compressor: ファイル共有を手動で設定する

ファイル共有を手動で設定する

「Compressor」では、分散処理に必要なファイル共有が自動的に管理されます。ただし、独自のファイル共有システム(専用ファイルサーバ、Xsan、NAS など)を使用したい場合は、自動ファイル共有をオフにして、手動でファイル共有を設定し、共有ボリュームを手動でマウントすることもできます。

たとえば、ファイルサーバや SAN(Xsan などのストレージ・エリア・ネットワーク)がある場合は、これらを使ってソースファイルとソースファイルからトランスコードされたファイルを管理できます。このように、自分の環境に最適なファイル共有方法を選択できます。

重要:自動ファイル共有をオフにした場合、共有コンピュータグループで分散処理をするときは、すべてのコンピュータでソースファイルの保存先とトランスコードされたファイルの保存先に同じ共有ボリューム(複数も可)を使用する必要があります。このようにしないと、共有コンピュータグループ内のコンピュータが、バッチに必要なファイルを読み書きできなくなります。

自動ファイル共有をオフにする

  1. 「Compressor」>「環境設定」と選択して(または Command +カンマキーを押して)、ウインドウ上部の「共有コンピュータ」をクリックします。

  2. 「共有コンピュータ」パネルで、「自動ファイル共有を有効にする」チェックボックスをクリックして選択解除します。

SMB ファイル共有を手動で設定する

重要:独自のファイル共有システムをすでに設定済みの場合は、この作業を省略して次の作業に進んでください。

  1. macOS の Finder で、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択します。

  2. 「共有」をクリックします。

  3. 「共有」環境設定パネルで、左側の「ファイル共有」チェックボックスを選択してファイル共有をオンにします。

SMB 共有をオンになっていることを確認するには、「オプション」ボタンをクリックして、「SMB を使用してファイルやフォルダを共有」チェックボックスが選択されていることを確認します。

有効にした SMB ボリュームを手動でマウントする

共有コンピュータグループ内の各コンピュータ、または共有ボリュームへのアクセスを許可したいコンピュータで、以下の操作を行います:

  1. macOS の Finder で、「移動」>「サーバへ接続」と選択します。

  2. 表示されるウインドウで、マウントしたい SMB ボリュームのサーバアドレスを入力し、「接続」をクリックします。

    たとえば、「smb://MySuperServer」と入力できます。

  3. 表示されるウインドウで、認証方法を選択し、共有ボリュームへのアクセスに必要な資格情報を入力して、「接続」をクリックします。

  4. 表示されるウインドウで、マウントしたいボリュームを選択して、「OK」をクリックします。

「Compressor」のバッチ処理を開始するコンピュータとファイル共有に使用するコンピュータが異なる場合は、「Compressor」のバッチ処理を開始するコンピュータでも忘れずに共有ボリュームをマウントしてください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?