Compressor: Compressor を使って Final Cut Pro プロジェクトと Motion プロジェクトをトランスコードする

Compressor を使って Final Cut Pro プロジェクトと Motion プロジェクトをトランスコードする

Compressor 4.2 以降がインストールされているコンピュータに Final Cut Pro X 10.2 以降または Motion 5.2 以降がインストールされている場合は、「Final Cut Pro」または「Motion」から「Compressor」にシーケンスまたはクリップを直接送信してトランスコードできます。

「Compressor」を使って Final Cut Pro プロジェクトまたは Motion プロジェクトをトランスコードする

以下のいずれかを実行します:

  • 「Final Cut Pro」から「Compressor」にプロジェクトを送信する:プロジェクトを選択して、「ファイル」>「Compressor へ送信」と選択します。

    注記:Compressor の環境設定の「詳細」パネルで、「Compressor」に送信された Final Cut Pro コンテンツの処理に自分のコンピュータの GPU を使用するように「Compressor」を設定できます。

  • 「Motion」から「Compressor」にプロジェクトを送信する:プロジェクトを開いて、「共有」>「Compressor へ送信」と選択します。

    Motion プロジェクトファイルを「Compressor」のバッチ領域にドラッグすることもできます。

    注記:分散処理は、「Final Cut Pro」や「Motion」から「Compressor」に送信されたジョブには使用できません。

    「Final Cut Pro」での Compressor 設定の使いかたについて詳しくは、「Final Cut Pro ヘルプ」を参照してください。「Motion」での Compressor 設定の使いかたについて詳しくは、「Motion ヘルプ」を参照してください。

「Compressor」で、Final Cut Pro ファイルまたは Motion ファイルがジョブのソースファイルとして表示されます。そのジョブの出力行に設定やその他の情報を追加して、バッチをトランスコードできます。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?