Compressor: ビデオエフェクト

ビデオエフェクト

「ビデオ」インスペクタの「ビデオエフェクトを追加」ポップアップメニューには、以下のエフェクトがあります:

  • BlackWhite を元に戻す:ビデオ内の白黒の領域(ルミナンス)を圧縮します。たとえば、背景などに有効です。このエフェクトは、黒に近い色を純粋な黒に、白に近い色を純粋な白に変換します。イメージ中のほかの色には、影響しません。スライダをドラッグして、黒と白の値を 0 ~ 100 までで設定します。

  • 明るさとコントラスト:ビデオの全体的な色調や彩度を明るくしたり暗くしたりします。たとえば、このエフェクトを使えば、一部の QuickTime コーデックで起こることのある、ビデオが暗くなることを防ぐことができます。色あせて見える可能性があるため、極端な設定は避けることをお勧めします。スライダをドラッグして、明度とコントラストの値を -100 ~ 100 までで設定します。

  • カラー補正(ハイライト)、カラー補正(中間色調)、カラー補正(影):不正確なホワイトバランスを補正し、ビデオの明るい領域、中間の領域、暗い領域にカラー効果を作ります。スライダをドラッグして、赤、緑、青の値を -100 ~ 100 までで設定します。

  • フェードイン/アウト:クリップの最初と最後にディゾルブとマットカラーを追加します。このエフェクトには以下のプロパティがあります:

    • インの時間/アウトの時間:テキストフィールドに時間を入力して(10 分の 1 の秒数を指定するには小数を使用して)、フェードインおよびフェードアウトの継続時間を設定します。

    • インの不透明度/アウトの不透明度:スライダをドラッグして、クリップのビデオの最初のフレームと最後のフレームの不透明度を設定します。値を 0.0 に設定すると、クリップビデオがマットカラーで完全に覆われ、値を 0.5 に設定すると、クリップがマットカラーで 50% 覆われます。

    • フェードのカラー:フェードインとフェードアウトのカラーを設定するには、カラーウェルをクリックします。

  • ガンマ補正:イメージの明度の範囲を制御します。このエフェクトを使って、露出不足のクリップからディテールを取り除いたり、露出過多のクリップの彩度を減衰したりできます。スライダをドラッグして、ガンマの値を 0.1 ~ 4.0 までで設定します。

    注記:オペレーティングシステムの異なるコンピュータでは、モニタの設定も異なっています。プラットフォームをまたがって表示する場合は、ガンマを補正することですべてのプラットフォームでイメージの品質が向上します。

  • ノイズ除去:コーデックにより生じたノイズなどの、ビデオファイル内のノイズによるランダムな斑点を除去します。このエフェクトにより、コントラストの低い部分をにじませ、一方でコントラストの高い境界部分の鮮明さを保持して、人間の目には知覚されませんが、トランスコードされたファイルの最終的な圧縮を向上させる結果を生み出すことができます。このエフェクトには以下のプロパティがあります:

    • 適用先:このポップアップメニューを使って、ノイズを除去するチャンネルを設定します。「すべてのチャンネル」を選択すると、アルファチャンネルを含むすべてのチャンネルからノイズが除去されます。「クロマチャンネル」を選択すると、YUV の 2 つのクロマチャンネル(U と V)からノイズが除去されます。

    • 繰り返し:このポップアップメニューから、ノイズスムージングパスの数(1 ~ 4)を選択します。たとえば、「2」を選択すると、ノイズ除去アルゴリズムがメディアファイルに 2 回適用されます。最初のパスの結果ファイルが 2 回目のパスに使用される(後続のパスも同様)、実行するパスの回数が多いほどイメージはぼやけます。

    • アルゴリズム:このポップアップメニューから、ノイズスムージングアルゴリズムを選択します。「平均」を選択すると、各ピクセルの色が、その色値自体も含めた周囲のピクセルの平均値によって変更されます。「置き換え」を選択すると、各ピクセルの色が周囲のピクセルの平均値によって変更されますが、そのピクセル自体の色値は無視されます。「連結」を選択すると、周囲のピクセルと自身の色値を加重平均することで(自身の色値には大きな重みが与えられます)、各ピクセルの色が変更されます。

  • エッジをシャープにする:被写体のエッジ(縁)周辺のコントラストを設定します。このエフェクトは、ソース素材のぼやけやノイズ除去によって生じるにじみ効果を抑え、ビデオのシャープネスを上げてはっきり見えやすくします。ただし、このエフェクトが大きすぎると、ビデオが粒だって見えることがあります。このスライダを使って、シャープの値を 0.0 ~ 100.0 までで設定します。

  • テキストオーバーレイ:イメージにテキストをスーパーインポーズします。「テキストオーバーレイ」エフェクトには以下のプロパティがあります:

    • 位置:ポップアップメニューから、「中央」、「左下」、「左下-タイトルセーフ」などのテキストオーバーレイの位置を選択します。

    • アルファ:スライダをドラッグして、テキストの不透明度を 0(完全に透明)~ 1(完全に不透明)までで設定します。

    • オーバーレイテキスト:このフィールドにテキストを入力します。

    • テキストのカラー:テキストのカラーを設定するには、カラーウェルをクリックします。

    • フォント:フォント、スタイル、およびサイズを設定するには、「選択」ボタンをクリックします。

  • タイムコードジェネレータ:クリップのタイムコードをビデオ上にスーパーインポーズします。「タイムコードジェネレータ」エフェクトには、以下のプロパティがあります:

    • 位置:ポップアップメニューから、「中央」、「左下」、「左下-タイトルセーフ」などのタイムコードオーバーレイの位置を選択します。

    • アルファ:スライダをドラッグして、テキストの不透明度を 0(完全に透明)~ 1(完全に不透明)までで設定します。

    • ラベル:オプションでタイムコード値の左に表示するテキストを入力します。

    • タイムコード 00:00:00:00 で開始:タイムコードをゼロで開始する場合は、このチェックボックスを選択します。このチェックボックスが選択されていない場合、タイムコードはビデオのタイムコードで開始します。

    • テキストのカラー:テキストのカラーを設定するには、カラーウェルをクリックします。

    • フォント:フォント、スタイル、およびサイズを設定するには、「選択」ボタンをクリックします。

  • ウォーターマーク:静止画像またはムービーファイルをビデオ上にスーパーインポーズします。このエフェクトには以下のプロパティがあります:

    • 位置:ポップアップメニューから、「中央」、「左下」、「左下-タイトルセーフ」などのウォーターマークの位置を選択します。

    • 拡大/縮小率:スライダをドラッグして、ウォーターマークイメージの縮小/拡大を 1(実際のサイズ)~ 10(実際のサイズの 10 倍)までで設定します。

    • アルファ:スライダをドラッグして、ウォーターマークの不透明度を 0(完全に透明)から 1(完全に不透明)の間で調整します。

    • 繰り返し:ウォーターマークイメージとしてビデオクリップを使用している場合は、このチェックボックスを選択すると、ソースファイルの継続時間の間ウォーターマーク・クリップの再生がループします。

    • ウォーターマーク:「選択」ボタンをクリックして、ウォーターマークとして使用する静止画像またはビデオファイルを指定します。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?