Compressor: オーディオトラックを表示する/変更する

オーディオトラックを表示する/変更する

QuickTime ムービーには複数のオーディオトラックを含めることができ、それらのトラックは複数の方法で構成できます。「Compressor」では、これらのトラックを表示したり、有効/無効を切り替えたり、必要に応じて別のフォーマットに再構成したりできるため、トランスコードされた出力ファイルに適切なトラックを含めることができます。

たとえば、誤ってステレオのペアとして構成された 2 つのチャンネルがあるオーディオトラックが QuickTime ムービーに含まれているとします。それらのチャンネルが 2 つのディスクリート・モノラル・チャンネルとして、または 1.1(中央と低域効果音)などの特殊なフォーマットとして処理されるように、「Compressor」でこのトラックを変更できます。

ソース・オーディオ・トラックのフォーマットを変更する

  1. バッチ領域で、変更したいソースファイルが含まれているジョブをクリックします。

  2. 「ジョブ」インスペクタの「オーディオトラック」セクションで、変更したいオーディオトラックに対応するポップアップメニューをクリックし、構成のスタイルを選択します。

    ポップアップメニューに表示されるオプションは、オーディオトラック内のチャンネルの数によって異なります。たとえばチャンネルが 2 つあるトラックは、「ステレオ」、「デュアルモノ」、「1.1」などとして構成できます。チャンネルが 1 つのトラックは、「左」、「右」、「中央」、「左サラウンド」、「右サラウンド」などとして構成できます。

  3. 必要に応じて、ほかのトラックについて手順 2 を繰り返します。

ソース・オーディオ・トラックを無効にする

  1. バッチ領域で、変更したいソースファイルが含まれているジョブをクリックします。

  2. 「ジョブ」インスペクタの「オーディオトラック」セクションで、無効にしたいオーディオチャンネルの左にあるチェックボックスの選択を解除します。

    そのトラックはオフになり、そのバッチで作成されるトランスコード後ファイルには含まれません。

ヒント:iTunes Store パッケージには固有のオーディオ要件があります。上に説明した方法を使用することで、オーディオを正しく割り当てて、iTunes Store への送信が成功することを保証できます。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?