Compressor: タイミングとフレームレートを変更する

タイミングとフレームレートを変更する

トランスコードされたファイルの継続時間は、「一般」インスペクタでコントロールを調整することによって変更できます。トランスコードされたファイルのフレームレートは、「ビデオ」インスペクタでコントロールを調整することによって変更できます。

トランスコードされたファイルの新しい継続時間を選択する

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • バッチ領域で出力行をクリックして、ジョブに含まれる設定を選択します。この方法では、加えた変更はそのジョブの出力のみに使用されます。

    • 「設定」パネルで、「カスタム」グループからカスタム設定を選択します。(「設定」パネルが表示されていない場合は、Shift + Command + 1 キーを押します。)この方法では、加えた変更は後で使用できるようにカスタム設定に保存されます。

  2. 「インスペクタ」パネルで「一般」をクリックして、「一般」インスペクタを開きます。

    「インスペクタ」パネルが表示されていない場合は、Compressor ウインドウの右上隅にある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  3. 「一般」インスペクタの「リタイミング」セクションで、次のいずれかの方法で「継続時間の設定」プロパティを変更します:

    • 割合フィールドにソース映像の特定の割合を入力するか、ポップアップメニューから(下向き矢印を使って)あらかじめ設定されている割合を選択します。

      注記:このポップアップメニューで設定を選択しても、出力ファイルのフレームレートは変更されません。ソースの元のレート以外のフレームレートでファイルを作成したい場合は、「ビデオ」インスペクタで設定を変更する必要があります。

    • タイムコードフィールドの横にあるボタンをクリックして選択し、変換先のファイルの具体的な継続時間を入力します。(上の割合フィールドが自動的にアップデートされます。)

      注記:このオプションは、ジョブに含まれる設定を変更する場合のみ使用できます。

    • 「ソースフレームが [フレームレート] fps で再生されるようにする」をクリックします。

      注記:このオプションで使用されるフレームレートは、「ビデオ」インスペクタの「フレームレート」プロパティに設定した値です。

トランスコードされたファイルのフレームレートを変更する

  1. バッチ領域でジョブの出力行を選択するか、「設定」パネルでカスタム設定を選択します。

  2. 「ビデオ」インスペクタで、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「フレームレート」ポップアップメニューをクリックしてから、オプションを選択します。

      デフォルト設定の「自動」では、トランスコードされたファイルのフレームレートがソースファイルのフレームレートに一致します。23.976 fps や 24 fps など、広く使用されているいくつかのフレームレートのいずれかを選択することもできます。

    • 「フレームレート」ポップアップメニューの右側のフィールドに、カスタムのフレームレートを入力します。

      注記:「Apple デバイス」設定など、一部のフォーマットではカスタムのフレームレートは使えません。

    注記:フレームレートの変換は、元のフレームレートと新しいフレームレートとの違いの大きさに応じて、また、変換される映像の特定の性質に応じて、わずかな効果しかないことも劇的な効果があることもあります。大きい動きのある映像では、フレームに小さい動きしかない映像よりも、はるかに目立つ変化が生じます。フレームレートの変換は、トランスコードされたファイルに、人間の目に見えるアーティファクトを加えることもあります。これは、スタッタ(「ジャダー」と呼ばれることもあります)のある再生から、反復するフレーム、写り込み、その他の不自然に見えるエレメントに及びます。これらのエフェクトは、「ビデオ」インスペクタの「品質」セクションで「リタイミングの品質」プロパティを調整することによって、多少は軽減することができます。

  3. 「フィールドの順番」ポップアップメニューをクリックして、プログレッシブまたはインターレースされたフレームレートを選択します。

    現在の設定でフィールドの順番を変更できない場合、このコントロールは淡色表示のままになっています。インターレースフォーマットのファイルをプログレッシブフォーマットに変換したい場合は、デインターレースについてを参照してください。

注記:「一般」インスペクタの「リタイミング」セクションのプロパティは常に、「フレームレート」プロパティと、「ビデオ」インスペクタの「リタイミングの品質」プロパティの影響を受けます。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?