Compressor: サラウンド・サウンド・ジョブのプロパティ

サラウンド・サウンド・ジョブのプロパティ

以下では、サラウンド・サウンド・ファイルを使用したジョブのプロパティについて説明します。ジョブのプロパティは「ジョブ」インスペクタに表示されます。

注記:一連のサラウンド・サウンド・ファイルを読み込む方法については、サラウンド・サウンド・ファイルを読み込む/変更するを参照してください。

ジョブの概要

ソースファイルの名前、保存先、ビデオとオーディオのエンコード情報、継続時間が表示されます。

タイミング

ソースファイルの開始点、イン点、継続時間のタイムコードが表示されます。

サラウンドサウンドのプロパティ

サラウンド・サウンド・チャンネルに割り当てられたファイルの名前を表示します。

サラウンドサウンドのプロパティが表示されたインスペクタ

「サラウンドサウンドのプロパティ」領域で以下のコントロールを使ってこれらのファイル割り当てを変更できます:

  • 「削除」ボタン:削除ボタン をクリックすると、チャンネルに割り当てられたファイルが削除されます。

  • チャンネルアイコン:チャンネルアイコン(スピーカーのアイコンまたはサブウーファーのアイコン)をクリックすると、そのチャンネルに別のファイルを割り当てることができます。

  • ビデオを追加:「ビデオを追加」ボタンをクリックすると、サラウンドサウンドのソース・オーディオ・ファイルにビデオファイルを割り当てることができます。(ビデオファイルがすでに割り当てられている場合、上のイメージにあるように「ビデオを追加」ボタンの代わりにファイル名が表示されます。)

  • すべてを消去:「すべてを消去」ボタンをクリックすると、オーディオチャンネルに割り当てられたすべてのオーディオファイルが消去され、サラウンド・サウンド・ソース・ファイルに割り当てられたビデオファイルが削除されます。

メタデータ

「ジョブ」インスペクタの「メタデータ」領域には「ジョブ注釈を追加」ポップアップメニューがあり、これによって出力ファイルに注釈メタデータを含めることができます。メタデータ注釈を追加するを参照してください。

操作

「ジョブ」インスペクタの「操作」領域には以下のプロパティがあります:

  • 完了時の処理:このポップアップメニューを使って、トランスコード後に実行する自動ジョブアクションを割り当てます。詳しくは、ジョブアクションのプロパティを参照してください。

  • キャプションをディスクに保存:キャプションをサポートするトランスコード設定で使用できます。キャプションのあるジョブをトランスコードするときに、別個のキャプション・テキスト・ファイルをコンピュータに保存するには、このチェックボックスを選択します。詳しくは、キャプションを書き出すを参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?