Compressor: QuickTime 書き出しコンポーネント

QuickTime 書き出しコンポーネント

「QuickTime 書き出しコンポーネント」は、「設定」パネルに手動で追加してバッチ領域のジョブに適用できるカスタム設定です。このトランスコードフォーマットを使用すると、他社製のデバイスやオペレーティングシステム(携帯電話など)で再生可能なコーデックのファイルを出力できます。ファイルを 3G、AVI、Apple iPod 用にトランスコードしたり、システムにインストールされている他社製プラグインを使ってトランスコードしたりできます。

このトランスコードフォーマットを使用する設定のプロパティは、「一般」インスペクタと「ビデオ」インスペクタ(後述)にあります。

設定の概要

設定名、トランスコードフォーマット、出力ファイルの予想サイズが表示されます。ジョブに設定を追加するか、設定のプロパティを変更すると、この概要は自動的にアップデートされます。

一般のプロパティ

  • 名前:設定の名前が表示されます。

  • 説明:設定の説明が表示されます。

  • 拡張子:拡張子は、「エンコーダのタイプ」ポップアップメニューで選択した以下の設定によって決まります。

  • ジョブのセグメント化を許可:「Compressor」に用意されているデフォルトのタイプのエンコーダでは、このオプションは利用できません。その他のエンコーダでは利用できることがあります。

  • デフォルトの場所:ポップアップメニューから、トランスコードしたファイルのデフォルトの保存先を選択します。

  • エンコーダのタイプ:このポップアップメニューで、利用できる書き出しコンポーネント出力フォーマット(プラグイン)を選択します。エンコーダのタイプによっては、「設定」プロパティ(後述)でプラグインをカスタマイズできることがあります。

  • 設定:表示されるウインドウで、フォーマットのプロパティを調整します。

    重要:他社製書き出しモジュールのユーザインターフェイスを使用して、出力ファイルのイメージサイズやフレームレートを入力します。他社製ユーザインターフェイスの「イメージサイズ」設定と「フレームレート」設定はデフォルト値のままにしないでください。

ビデオのプロパティ

「ビデオ」インスペクタのこの領域のプロパティは、設定に割り当てられたファイルフォーマットに基づきます。ファイルフォーマットは、「一般」インスペクタで変更できます。詳しくは、上記「一般のプロパティ」の「設定」プロパティの説明を参照してください。

  • フレームサイズ:「QuickTime 書き出しコンポーネント」フォーマットを使用する設定では、このプロパティは自動的に「自動」に設定されます。

  • ピクセルのアスペクト比:「QuickTime 書き出しコンポーネント」フォーマットを使用する設定では、このプロパティは自動的に「スクエア」に設定されます。クロップとパディングのプロパティを使って出力ファイルのアスペクト比を変更することもできます。詳しくは、フレームサイズの変更の概要を参照してください。

  • フレームレート:このポップアップメニューを使って、出力ファイルの再生レート(1 秒当たりに表示されるイメージ数)を設定します。詳しくは、リタイミングのオプションの概要を参照してください。

  • フィールドの順番:「QuickTime 書き出しコンポーネント」フォーマットを使用する設定では、フィールドの順番は自動的に設定されます。

  • 色空間:このポップアップメニューを使って、ソースメディアを新しい色空間に変換します。「自動」を選択すると、選択したプリセットに基づいて最適な色空間が自動的に選択されます。手動設定を選択して、デフォルトを無効化することもできます。詳しくは、ビデオファイルを別の色空間にトランスコードするを参照してください。

クロップとパディング

クロップとパディングのプロパティでは、最終的なクロップ、サイズ調整、アスペクト比をカスタマイズできます。クロップでは、イメージからビデオコンテンツを切り取ることができます。パディングでは、出力イメージのフレームサイズを維持しながらイメージを縮小できます。これらのプロパティについて詳しくは、フレームサイズの変更の概要を参照してください。

  • クロップ:このポップアップメニューを使って、出力イメージのサイズを設定します。「カスタム」オプションを選択した場合は、フィールドに値を入力して独自のイメージサイズを指定できます。その他のオプションでは、所定のサイズが使用されます。「ソースのレターボックスエリア」オプションを選択すると、イメージのエッジが検出されて、それに一致するクロップ値が自動的に入力されます。この設定は、ソース・メディア・ファイルのレターボックス領域(ワイドスクリーンイメージの上下の黒いバー)を切り取りたい場合に便利です。

  • パディング:「QuickTime 書き出しコンポーネント」フォーマットを使用する設定では、「パディング」プロパティは利用できません。

ビデオエフェクト

使用できるビデオエフェクト、およびビデオエフェクトを設定に追加する方法については、エフェクトを追加する/削除するを参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?