Compressor: MP3

MP3

内蔵の「MP3 ファイル」設定と「MP3(オーディオ Podcast 用)」設定では、「MP3」トランスコードフォーマットが使われています。このフォーマットでは、デジタル・オーディオ・プレーヤーでよく使われる MP3 ファイルにエンコードされます。「MP3」トランスコードフォーマットを使ったカスタム設定を作成することもできます。

注記:「MP3」トランスコードフォーマットを使用するカスタム設定を作成することもできます。ただし、「設定」パネルにある内蔵の「MP3」設定では、トランスコードの結果が最高の出来に仕上がるよう、ソースメディアの解析に基づいて最適なプロパティが割り当てられます。

このトランスコードフォーマットを使用する内蔵およびカスタム設定のプロパティは、「一般」インスペクタと「オーディオ」インスペクタ(後述)にあります。

設定の概要

設定名、トランスコードフォーマット、出力ファイルの予想サイズが表示されます。ジョブに設定を追加するか、設定のプロパティを変更すると、この概要は自動的にアップデートされます。

一般のプロパティ

  • 名前:設定の名前が表示されます。

  • 説明:設定の説明が表示されます。

  • 拡張子:出力ファイルの拡張子(.mp3)が表示されます。

  • ジョブのセグメント化を許可:オーディオファイルのみを出力する設定では、ジョブのセグメント化はできません。

  • デフォルトの場所:ポップアップメニューから、トランスコードしたファイルのデフォルトの保存先を選択します。

リタイミング

この領域には 1 つのプロパティがあります:

  • 継続時間の設定:トランスコード処理時にフレームレートの調整に使用する処理アルゴリズムを設定します。以下のオプションのいずれかを選択します:

    • [パーセント値](ソースに対する割合):出力クリップの速度をソースクリップの速度のパーセント値で変更します。パーセント値フィールドに値を入力するか、横のポップアップメニュー(下向き矢印)からプリセット値を選択します。

    • [合計継続時間]:クリップの継続時間を設定します。フィールドに継続時間をタイムコードで入力するか、矢印をクリックして時間を増減します。

    詳しくは、ビデオおよびオーディオをリタイミングするを参照してください。

オーディオのプロパティ

  • チャンネルレイアウト:このポップアップメニューを使って、オーディオ・チャンネル・レイアウトを設定します。詳しくは、オーディオチャンネルについてを参照してください。

  • サンプルレート:このポップアップメニューを使って、音楽の波形(サンプル)をデジタルデータとして取り込む 1 秒当たりの回数を設定します。サンプルレートが大きいとオーディオ品質は高くなりますが、ファイルサイズは大きくなります。

  • データレート:このスライダを使って、オーディオファイルの配信に必要な 1 秒当たりのキロビット数(kbps)を設定します。レートを高くするほど、オーディオファイルの品質が高くなります。

  • 可変ビットレートのエンコードを使う:このチェックボックスを選択すると、音楽の複雑度に応じて音楽の記録に使われるビット数が変わります。可変ビットレートでエンコードすると、出力ファイルのサイズを小さくすることができます。

  • ジョイントステレオ:このチェックボックスを選択すると、一方のチャンネルに両チャンネルで共通の情報が含まれ、もう一方のチャンネルに固有の情報が含まれます。160 kbps 以下のビットレートの場合、この設定によって変換後のオーディオの音質を改善できます。

  • スマートエンコード調整:このチェックボックスを選択すると、ソースファイルと設定のエンコードプロパティを解析することによって、出力ファイルの品質が最大限に高められます。

  • 10Hz 未満の周波数をフィルタリング:このチェックボックスを選択すると、ソースファイルから不可聴周波数が取り除かれます。これによって、品質低下を聞き取れない程度に抑えながら、より小さく効率的なファイルを出力できます。

オーディオエフェクト

使用できるオーディオエフェクト、およびオーディオエフェクトを設定に追加する方法については、エフェクトを追加する/削除するを参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?