Compressor: 設定プロパティを表示する/変更する

設定プロパティを表示する/変更する

設定とは、ソース・メディア・ファイルに適用する事前構成済みトランスコード命令のグループのことです。「設定」パネルで内蔵の設定を選択するか、バッチ領域で適用済みの設定を選択すると、インスペクタにそのプロパティが表示されます。一般のプロパティは「一般」インスペクタに表示され、ビデオとオーディオのプロパティは「ビデオ」インスペクタと「オーディオ」インスペクタに表示されます。

設定の一般/ビデオ/オーディオプロパティを表示する

  1. 以下のいずれかの操作を行って、設定を選択します:

    • まだ適用していない設定を選択するには、「設定」パネルで内蔵の設定をクリックします。(「設定」パネルが表示されていない場合は、Compressor ウインドウの左上隅にある「設定と場所」ボタン をクリックして、パネル上部の「設定」をクリックします。)

      設定が選択された「設定」パネル
    • すでにソースファイルに適用した設定を選択するには、バッチ領域でジョブの出力行を選択します。

      出力行が選択されたバッチ領域のジョブ
  2. インスペクタパネルが表示されていない場合は、Compressor ウインドウの右上隅にある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

    インスペクタには 3 つのサブパネルがあります。「一般」、「ビデオ」、「オーディオ」です。各サブパネルの上部には、選択した設定のトランスコード命令の概要(設定名、トランスコードフォーマット、出力ファイルの予想サイズなど)が表示されます。

  3. 選択した設定の一般、ビデオ、またはオーディオプロパティを表示するには、インスペクタパネル上部の「一般」、「ビデオ」、または「オーディオ」をクリックします。

    「一般」インスペクタはすべての設定にあります。ここには、設定の名前、説明、出力の拡張子など、基本的なプロパティが表示されます。ビデオ用の設定には「ビデオ」インスペクタがあります。また、そのトランスコードフォーマットでオーディオもエンコードされる場合は「オーディオ」インスペクタもあります。オーディオ用の設定には「オーディオ」インスペクタがあります。「ビデオ」インスペクタはありません。

    設定のプロパティについて詳しくは、フォーマットと設定についてを参照してください。

適用済み設定のプロパティを変更する

ソースファイルに設定を適用した後、そのプロパティをインスペクタで変更できます。

  1. バッチ領域でジョブの出力行を選択します。

    選択した設定のプロパティがインスペクタに表示されます。インスペクタが表示されない場合は、Compressor ウインドウの右上隅にある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. 一般、ビデオ、またはオーディオプロパティを表示するには、インスペクタで「一般」、「ビデオ」、または「オーディオ」をクリックします。

    「HD 1080p」設定のプロパティが表示されている「インスペクタ」
  3. プロパティを変更するには、インスペクタで各コントロールを調整します。

    設定のプロパティについて詳しくは、フォーマットと設定についてを参照してください。

変更する設定のタイプによって、設定が保存されるかどうかが異なります:

  • カスタム設定のプロパティを変更する場合は、変更内容が自動的に保存されます。

  • 内蔵の設定のプロパティを変更する場合は、変更内容は保存されません。

    変更内容を保存したい場合は、カスタム設定を作成します。詳しくは、カスタム設定を作成する/操作するを参照してください。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?