Compressor: インターフェイスの概要

インターフェイスの概要

Compressor ウインドウには、「現在」ビュー、「アクティブ」ビュー、「完了」ビューという 3 つのビューがあります。これらのビューは、ウインドウの上部にあるビューのボタンをクリックすることで切り替えることができます。

「現在」ビュー

「現在」ビューは「Compressor」のデフォルトビューで、トランスコードするジョブの準備をしてからバッチを実行する場所です。はじめて「Compressor」を開いたときは、「現在」ビューに 2 つの基本の領域が表示されます。1 つはメディアファイルをプレビューするためのもの、もう 1 つは特定のセッションで処理するトランスコードバッチを表示するためのものです。

デフォルトのレイアウトの Compressor ウインドウ
  • プレビュー領域:トランスコード後にメディアファイルがどのように見えたり聞こえたりするかが表示される、再生コントロールのあるビューア。この領域で、トランスコードされたファイルに含めるメタデータとマーカーを追加することもできます。

  • バッチ領域:「Compressor」に追加するトランスコードバッチが表示される、プレビュー領域の下にあるリスト。バッチとは、1 つ以上のトランスコードジョブのことです。ジョブとは、トランスコード命令を適用するソースファイルのことです。バッチ領域内の各ジョブには、ソースファイル、ジョブのトランスコード命令(設定、出力場所、出力ファイル名、追加したキャプションデータ)と、トランスコード後のアクション(完成したファイルをビデオ共有 Web サイトにアップロードするなど)に関する情報が表示されます。

「現在」ビューを展開すると、その他の領域を表示できます:

「設定」パネルとインスペクタパネルが表示されている Compressor ウインドウ
  • 「設定」パネルと「場所」パネル:Compressor ウインドウの左上隅にある「設定と場所」ボタン をクリックしてこの領域を展開してから、「設定」または「場所」をクリックして各パネルを表示します。「設定」パネルでは、すべての内蔵の書き出し先および設定と、作成したカスタムの書き出し先や設定にすばやくアクセスできます。同様に、「場所」パネルでは、すべての内蔵の保存場所と、作成したカスタムの保存場所にすばやくアクセスできます。項目をこれらのパネルからバッチ領域内のジョブにドラッグすることで、設定、書き出し先、および場所を適用します。

  • 「インスペクタ」パネル:Compressor ウインドウの右上隅にある「インスペクタ」ボタン をクリックして、この領域を展開します。「インスペクタ」パネルの表示は、選択した項目によって変わります。バッチ領域の背景をクリックしてバッチを選択すると、「バッチ」インスペクタが表示され、現在のバッチに関する基本情報が表示されます。バッチ領域でジョブを選択すると、「ジョブ」インスペクタが表示されます。この領域には、ソースファイルのトランスコードフォーマットの概要、ソースファイルが標準ダイナミックレンジ・ビデオかハイダイナミックレンジ・ビデオかを示す SDR バッジまたは HDR バッジ、およびメタデータを追加したりジョブアクションを変更したりするためのコントロールが表示されます。バッチ領域で特定のトランスコード命令(ジョブの下にある行のいずれか)を選択すると、「一般」、「ビデオ」、および「オーディオ」インスペクタが表示されます。これら 3 つのパネルには、設定または書き出し先をカスタマイズするための調整可能なプロパティがあります。また、ジョブにキャプションを追加した場合、バッチ領域でキャプションファイルを選択すると、「クローズドキャプション」インスペクタまたは「字幕」インスペクタが開きます。

「アクティブ」ビュー

「アクティブ」ビューでは、Compressor ウインドウに、現在トランスコード中のバッチ(およびそれらを構成する ジョブ)に関する状況の情報が表示されます。このビューでは、進行状況バーを監視したり、トランスコード処理を一時停止またはキャンセルしたりできます。

「アクティブ」ビューが表示されている Compressor ウインドウ

「完了」ビュー

「完了」ビューでは、正常にトランスコードされたバッチジョブ、およびトランスコードに失敗した項目に関する情報を確認できます。

「完了」ビューが表示されている Compressor ウインドウ。「インスペクタ」が開いています

バッチの一覧はウインドウの左側に表示されます。バッチの横にある開閉用三角ボタンをクリックすると、それを構成するジョブと出力ファイルが表示されます。一覧でバッチ、ジョブ、または出力ファイルを選択すると、「インスペクタ」パネル(右側)に追加の情報が表示されます。

「エラーと警告」ウインドウ

このウインドウには、バッチを正常に処理できない可能性があるエラーや警告が表示されます。バッチ領域に警告アイコン( または が表示されているときは、そのバッチに 1 つ以上の問題があります。警告アイコンをクリックする(または Command + E キーを押す)と、「エラーと警告」ウインドウが開きます。

「エラーと警告」ウインドウ

「エラーと警告」ウインドウで警告メッセージをクリックすると、影響を受けるジョブがバッチ領域で強調表示されます。黄色の警告アイコン が表示されている警告は、バッチの開始は妨げられないが、エラーまたは予期しない結果が起きる可能性があるという警告です。赤の警告アイコン が表示されている警告は、バッチを開始する前に修正する必要があるエラーです。

注記:「エラーと警告」ウインドウに表示される一部のエラーは、対応する警告アイコンがバッチ領域に表示されません。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?