Compressor: Compressor とは

Compressor とは
Compressor」のメインウインドウ。選択したジョブが表示されています。

「Compressor」は、メディアファイルをさまざまなフォーマットにトランスコードするためのアプリケーションです。「Compressor」を使用すると、以下のことができます:

  • Apple デバイスで、SD(標準精細度)、HD(高精細度)、および 4K のフォーマット(H.264 と HEVC(別名 H.265)を含む)で表示するためのビデオを書き出す

  • コンテンツを書き出して、Facebook、Vimeo、YouTube などのビデオ共有 Web サイトにアップロードする

  • ビデオ共有 Web サイトまたはバーチャルリアリティ(VR)ヘッドセットで視聴できる没入型の 360° ビデオを書き出してアップロードする

  • H.264、MPEG-2(DVD 用)、および Dolby Digital フォーマットを使用して、ビデオおよびオーディオコンテンツのディスク(DVD または Blu-ray)を作成する

  • HDR 対応のテレビおよびディスプレイで視聴するためのハイダイナミックレンジビデオを書き出す

  • H.264、AAC、および MP3 フォーマットのオーディオおよびビデオ Podcast を書き出す

  • 標準品質および高品質のフォーマット(4K HDR を含む)のビデオコンテンツを iTunes Store に送信する

「Compressor」には、ファイルを広く使用されているメディアフォーマットにトランスコードするために使用できる、内蔵の設定が付属しています。また、ファイルをトランスコードしてからトランスコードされたファイル上でアクションを実行する、事前に構成済みの書き出し先も用意されています。たとえば、内蔵の「Vimeo に公開」書き出し先を使用してソースファイルをトランスコードすると、この書き出し先により高品質の QuickTime ムービーファイルが出力され、そのムービーファイルが自動的に Vimeo アカウントに公開されます。

「Compressor」を使用すると、ソースファイルのトランスコードのほかに次のこともできます:

  • カスタムの設定や書き出し先を作成する:さまざまなフォーマットを使用して、独自のトランスコードのワークフローに合わせたカスタムの設定と書き出し先を作成できます。たとえば、フレームサイズを指定したり、ビデオやオーディオのフィルタを適用したりして、カスタム設定を作成できます。また、書き出し先を作成するときは、トランスコード後に実行されるジョブアクションを適用できます。たとえば、メールを送信する、Automator ワークフローを実行するなどのジョブアクションがあります。

  • 「Final Cut Pro X」や「Motion」のプロジェクトをトランスコードするための設定を作成する:「Compressor」でカスタム設定を作成してから、それを使用して「Final Cut Pro」や「Motion」のプロジェクトをトランスコードできます。たとえば、ビットレートを選択してファイルを出力する設定を作成できます。

  • 共有コンピュータのネットワークを使用してファイルをトランスコードする:処理能力を高めてトランスコード時間を短縮する必要がある場合は、共有コンピュータのグループを作成して、トランスコード処理を分散させて高速にすることができます。

  • 「Compressor」のドロップレットを作成する:自分やほかのユーザ用に非常にシンプルなワークフローを用意する必要がある場合は、「Compressor」のドロップレットを作成することができます。このドロップレットは、Finder でメディアファイルをドラッグ&ドロップすることによってトランスコードできるスタンドアロンアプリケーションです。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?