Compressor: マーカー

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
マーカー

マーカーによって、ソースファイル内の特定のタイミング位置に印を付けます。編集メモなどの説明的な情報を添えたマーカーを付加することもできます。加えて、ソースファイルを H.264、MPEG-2、MPEG-4 ビデオフォーマットに出力すると、マーカーごとに I フレームが強制的に作成されます。I フレームの追加で圧縮品質は高まりますが、全体のファイルサイズが大きくなる可能性があります。「Compressor」は、以下のタイプのマーカーの作成が可能です:

  • チャプタマーカー:DVD、QuickTime ムービー、またはビデオ Podcast の名前付きインデックスポイントおよびサムネールイメージを生成します。チャプタマーカーに URL を割り当てて、Podcast の再生時にその URL を表示させることもできます。チャプタマーカーも iTunes Store パッケージの一部として iTunes Store への送信に含まれます。チャプタマーカーは Compressor プレビュー領域にオレンジ色で表示されます。

  • 圧縮マーカー:I フレームを生成しますが、サムネール、チャプタトラックのエントリー、その他のメタデータは生成しません。ある部分のイメージ品質が周りのフレームよりも低く見える場合は、ビデオに圧縮マーカーを追加します。圧縮マーカーは Compressor プレビュー領域に青で表示されます。

  • 編集/カットマーカー:圧縮マーカーとまったく同様に機能します。圧縮技術者がよく使うマーカーで、編集ポイントに I フレームを作成して、ビデオのその瞬間のイメージ品質を確実に高める効果があります。編集/カットマーカーは Compressor プレビュー領域に赤で表示されます。

  • Podcast マーカー:チャプタマーカーと同様に、Podcast マーカーにもアートワークや URL を割り当てることができます。Podcast マーカーは、通常はオーディオ Podcast を再生する際にスライドショー(URL 付き)を視聴者に表示するために使用します。ただし、Podcast マーカー名はスライドショーには表示されません。また、視聴者がトランスコードされたファイル内の Podcast マーカーに移動することはできません。Podcast マーカーは Compressor プレビュー領域に紫で表示されます。

マーカーは、MPEG-2、MPEG-4(Podcast 用に設定する場合)、H.264(Apple デバイス用)、QuickTime ムービーの設定でトランスコードされたファイルに表示されます。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?