Compressor: インターレースビデオ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
インターレースビデオ

従来の NTSC または PAL テレビで再生されるビデオは、インターレースされたフレームレートを使用して保存されます。実際には、各フレームはフィールドと呼ばれる半分のフレーム 2 つで構成されています。各フィールドにはフレームラインの半分が含まれ、奇数(または上側)フィールドにはライン 1、3、5、7、9 など、偶数(または下側)フィールドにはライン 2、4、6、8、10 などが含まれます。ビデオを再生すると、テレビにはこれらのフィールドが交互に表示され、それによってスムーズな動きの効果的な錯覚が生み出されます。両方のフィールドが同時に表示されるコンピュータ画面でインターレースビデオを表示すると、コーミングが発生する場合があります。

インターレースビデオのクリップをプログレッシブ・フレームレートに変換することで、クリップからフィールドを削除する、つまりデインターレースすることができます。プログレッシブ・フレームレートでは、これらの 2 つのフィールドの代わりに、一連のフレーム全体でビデオが保存されます。

インターレースフレームがコンピュータのモニタのようなプログレッシブ画面に表示されているときのコームエフェクトが表示されている図。
公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?