Compressor: 「現在」ビュー

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「現在」ビュー

「現在」ビューでは、トランスコードジョブを作成し、バッチを実行してトランスコードします。

「現在」ビューが表示されている Compressor ウインドウ。

「現在」ビューには複数の領域があります:

  • バッチ領域:これは 1 つまたは複数のジョブを追加する場所です。各ジョブには、ソースファイルをトランスコードする方法を指定するソースファイルおよび出力情報(1 つまたは複数の設定または書き出し先と、トランスコードされたファイルの場所とファイル名など)が含まれます。

  • プレビュー領域:ジョブの設定後に、トランスコードされたファイルがどのように見えたり聞こえたりするかをプレビューできます。プレビュー領域では、メタデータとマーカーを追加してトランスコードされたファイルに出力することもできます。

  • 「設定」パネルと「場所」パネル:「設定」パネルでは、すべての内蔵の書き出し先および設定と、作成したカスタムの書き出し先および設定にすばやくアクセスできます。同様に、「場所」パネルでは、すべての内蔵の場所と、作成したカスタムの場所にすばやくアクセスできます。設定、書き出し先、および場所は、項目をそのパネルからジョブにドラッグすることによって、ジョブにすばやく追加できます。

  • 「インスペクタ」パネル:「現在」ビューで選択した内容に応じて、一般、ビデオ、オーディオ、書き出し先、ジョブ、またはバッチのプロパティが表示されます。

公開日: 2018/05/10
役に立ちましたか?