WindowsのためのiTunes: インポート設定を選ぶ

インポート設定を選ぶ

CD から iTunes に曲をインポートすると、曲はエンコードフォーマットと呼ばれるオーディオ・ファイル・フォーマットに変換されます。既定では AAC(Advanced Audio Coding)フォーマットが使用されますが、フォーマットやその他のインポート設定は変更できます。選択したオプションによって、音質と曲ファイルのサイズが変わります(音質を高くすると、ファイルのサイズが大きくなります)。

カスタム設定を使って、インポートしたファイルの音質やサイズをより細かく制御することもできます。

iTunes は HE-AAC ファイル(MPEG-4 AAC ファイルとも呼ばれます)に対応しています。

インポートオプションを選ぶ

  1. [編集] メニュー> [設定] と選択し、[一般] をクリックして、[インポート設定] をクリックします。

  2. [インポート方法] ポップアップメニューからエンコードフォーマットを選びます。

    • [AAC エンコーダ]:ほとんどの音楽に使用します。このフォーマットでエンコードされた曲は、iTunes、iPhone、iPad、および Dock コネクタ付きの iPod で聴くことができます。

    • [AIFF エンコーダ]:インポートした曲の音質を下げずに高音質 CD を作成したい場合に使用します。

    • [Apple Lossless エンコーダ]:インポートした曲の音質を下げずに、オーディオファイル音質のサウンドシステムで聴く場合に使用します。(このフォーマットを使用してインポートした曲は、より多くのディスク領域を使用します。)

    • [MP3 エンコーダ]:iTunes 以外のアプリケーション、または iPod、iPhone、iPad 以外の MP3 プレーヤーで音楽を聴く場合に使用します。

    • [WAV エンコーダ]:MP3 ソフトウェアがインストールされていないコンピューターで曲を再生する場合に使用します。

  3. [設定] ポップアップメニューからビットレートを選びます([Apple Lossless エンコーダ] では使用できません)。通常は、既定の選択が最適なビットレートになります。[MP3 エンコーダ] を選んだ場合は、次のうちいずれかを選択できます。

    • [標準音質]:記憶容量に制限のあるポータブル MP3 プレーヤーにより多くの曲を収めたい場合に選びます。

    • [良音質]:騒がしい環境で音楽を再生する場合に選びます。この設定を選ぶと、1 分間の再生がほぼ 1 MB に相当するファイルが作成されます。

    • [高音質]:オーディオ CD を作成したり高音質のステレオスピーカーで音楽を聴いたりする予定があるときに選びます。

    • [カスタム]:ファイルのサイズと音質をより細かくコントロールしたい場合に選びます。

カスタムインポート設定を使用する

注記: [Apple Lossless エンコーダ] を使用する場合は、カスタムインポート設定を選択できません。

  1. [編集] メニュー> [設定] と選択し、[一般] をクリックして、[インポート設定] をクリックします。

  2. [インポート方法] ポップアップメニューからエンコードフォーマットを選びます。

  3. [設定] ポップアップメニューから [カスタム] を選びます。

  4. エンコードフォーマットに使用できる設定を選択します:

    • [ステレオビットレート](AAC および MP3 のみ):[モノラル] または [ステレオ] のビットレート(単位は kbps)が高くなるほど音質は向上しますが、ファイルサイズが大きくなります。ステレオ MP3 ファイルの最も標準的なビットレートは 128 kbps 〜 192 kbps です。音声を含むサウンドファイルでは、音楽とは反対にビットレートを低めに設定することをお勧めします。

    • [可変ビットレート(VBR)のエンコードを使う](AAC および MP3 のみ):このオプションを設定すると、音楽の保存に使われるビット数が音楽の複雑さに応じて変化します。ファイルサイズを最小に保つために役立ちます。

    • [サンプルレート]:音楽の波形を 1 秒間にデジタルデータとして取り込む回数です。サンプルレートが高くなるほど音質は向上しますが、ファイルサイズが大きくなります。オリジナルの音楽を保存するときに使用したサンプルレートよりも高いレートは選択しないでください。そうしないと、ディスク容量を不必要に使用することになります。たとえば、CD 音質は 44.100 kHz であるため、CD からのエンコードにこれ以上のレートを選択する必要はありません。一般に、オリジナル音楽と同じレートを使用する [自動] が最適な選択といえます。

    • [サンプルサイズ](AIFF および WAV のみ):音楽をエンコードしたときに取り込んだ各サンプルの保存に必要なビット数です。サンプルサイズが大きくなるほど音質は向上しますが、ファイルサイズが大きくなります。

    • [チャンネル]:ステレオスピーカーがない場合やオーディオファイルがモノラルの場合は、[モノラル] を選びます(モノラルファイルはステレオファイルのほぼ半分のサイズになります)。ヘッドフォンやステレオシステムで聴く場合は、[ステレオ] または [自動] を選びます。[自動] を選択すると、モノラルトラックはモノラルファイルに変換され、ステレオトラックはステレオファイルに変換されます。

    • [ステレオモード](MP3 のみ):[通常] モードの場合、MP3 ファイルには右のステレオチャンネルに対応する 1 つのトラックと、左のステレオチャンネルに対応する 1 つのトラックが含まれます。多くの場合、2 つのチャンネルには関連する情報が含まれます。[ジョイントステレオ] モードでは、一方のチャンネルには両方のチャンネルに共通な情報を割り当て、もう一方のチャンネルには独自の情報を割り当てることができます。ビットレートが 160 kbps 以下である場合、このオプションによって、変換したオーディオの音質が向上することがあります。

    • [10 Hz 未満の周波数帯域をフィルタリング](MP3 のみ):聴こえない周波数にフィルタを適用することで、聴覚上音質を低下させることなくファイルのサイズが効率的に小さくなります。

    • [スマートエンコード調整](MP3 のみ):自動的にエンコード設定と音楽のソースを分析します。

    • [High Efficiency エンコーディング(HE)を使用](AAC のみ):高度に圧縮されたファイルの音質が最適化されます。オーディオをストリーミングするかどうかを選択します。

    • [音声用に最適化](AAC のみ):音声のピッチに基づいてビットレートが変更されます。音楽ではなく、オーディオブックをインポートする場合に選択します。

公開日: 2017/03/31
役に立ちましたか?
52% の人が役に立ったと言っています。