Pages for iOS (iPhone, iPod touch): ほかのユーザと書類を共同制作する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ほかのユーザと書類を共同制作する
ほかのユーザと Pages 書類を共同制作する

書類が iCloud Drive に保存されている場合には、Mac または Windows コンピュータでサポートされている Web ブラウザ上で書類を開くためのリンクをほかのユーザに送信することで、ほかのユーザとその書類を共同制作することができます(サポートされているモバイルデバイスでは、表示できますが編集できません)。書類を共同制作している人が書類を編集すると、その編集内容がリアルタイムで確認できます。書類に対する変更は iCloud に保存されるため、書類にアクセスできるすべてのユーザが書類を開くと常に最新バージョンが表示されます。

書類の所有者は、いつでも、書類の閲覧と編集のアクセス権を持つユーザを変更したり、書類リンクを別のユーザに送信したり、パスワードを追加または削除したりできます。

ほかのユーザに共同制作への参加を依頼する

書類を共同制作者と共有するには、最初に iCloud Drive を使用するように iCloud アカウントをアップグレードし、iCloud Drive を使用するように「Pages」を設定する必要があります。

Important:   書類名は、書類リンクに表示されます。書類のタイトルや内容が機密の場合は、共有リンクをほかのユーザに転送しないように受信者に依頼してください。書類をパスワードで保護しない場合、リンクを知っているユーザならだれでもその書類を開くことができます。
  1. 以下のいずれかを実行します:

    • 書類が開いている場合:「共有」メニューボタン をタップしてから、「iCloud でリンクを共有」をタップします。

    • 書類が閉じられている場合:書類マネージャ「共有」メニューボタン をタップし、「iCloud でリンクを共有」をタップしてから、共有する書類をタップします。

  2. 「アクセス権」オプションをタップして、受信者が実行できる操作を設定します:

    • 編集を許可:受信者は、Web 上で書類に変更を加えたり、変更をプリント/ダウンロードしたりできます。

    • 閲覧のみ:受信者は、Web 上で書類を表示したり書類をプリント/ダウンロードしたりできますが、変更を加えることはできません。

  3. 書類を開くためのパスワードを要求するには、「パスワードを追加」をタップし、要求された情報を入力してから、「終了」をタップします。

    書類にすでにパスワードが設定されている場合は、ここで新しいパスワードを追加する必要はありません。受信者に既存のパスワードを知らせるだけでかまいません。パスワードを変更するには、「パスワードを変更」をタップします。

    セキュリティを高めるため、パスワードは共有リンクと一緒に送信しないでください。たとえば、パスワードだけが含まれる別のメールを送信してください。

  4. 「共有」をタップします。

    Important:   これで書類が共有され、その URL(リンク)を送信したかどうかに関係なく、そのリンクを知っているユーザならだれでも書類にアクセスできるようになります。ほかのユーザがその書類を開くと、共同制作者リストにあなたの iCloud アカウント名が表示されます。
  5. リンクを送信するために使用したい方法をタップしてから、要求された情報を入力し、リンクを送信または投稿します。

    Twitter などのサービスを使用してリンクを送信するときは、先にデバイスの「設定」でアカウントを設定しておく必要があります。リストに載っていないサービスを使用したい場合は、リンクをコピーしてそのサービスにペーストします。

    メール、ツイート、または投稿の本文に完全なリンクが表示されます。リンクは削除したり変更したりしないでください。

  6. 「終了」をタップして書類に戻ります。

受信者がリンクをクリックすると、書類が Web ブラウザの Pages for iCloud で開きます。書類を表示または編集するには iCloud アカウントは不要です。ただし、受信者が iOS または Android デバイスでリンクをタップした場合、書類をブラウザで見ることはできますが、編集できません。

書類が共有されているときは、ツールバーの「共有」ボタンは緑色の 「共有」メニューボタン になります。

書類マネージャでは、共有書類の隅に緑色の共有記号が表示されます。隅をタップすると、書類の共有設定を表示または変更できます。

書類マネージャ内の書類サムネール。共有されていることを示す色付きのマーカーが右上隅に表示されている状態

ほかのユーザと共有した書類の設定を確認する/編集する

いつでも共有した書類のアクセス権を変更したり、書類リンクを再度送信したり、リンクをコピー&ペーストしたり、ほかの共同制作者に参加依頼したり、パスワードを追加または削除したりできます。

  1. 開いている書類で、「共有」メニューボタン をタップしてから、「共有設定を表示」をタップします。

    書類が閉じられている場合は、書類マネージャで、書類のサムネールの隅にある緑色の共有記号をタップします。

    書類マネージャ内の 2 つの書類。共有されていることを示す色付きのマーカーが右上隅に表示されている状態
  2. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • アクセス権を変更する:「アクセス権」をタップして、「閲覧のみ」または「編集を許可」をタップします。この設定を変更するときに書類を開いているほかのユーザには、通知が表示されます。通知が閉じられると、新しい設定が有効になります。

    • パスワードを追加または変更する:「パスワードを追加」または「パスワードを変更」をタップしてから、パスワードを入力するか、既存のパスワードを変更します。パスワードを追加または変更すると、共同制作者は新しいパスワードを知らされるまで書類にアクセスできなくなります。

      Important:   書類を共有した後にパスワードを追加しても、パスワード追加前のバージョンの書類が共同制作者によって表示または復元される可能性があります。これを防ぐには、書類の共有を停止し、パスワードを設定してから、書類を再度共有してください。詳しくは、以前のバージョンの書類を表示する/コピーする、および以前のバージョンの書類に戻すを参照してください。
    • パスワードを削除する:「パスワードを変更」をタップし、「古いパスワード」フィールドにパスワードを入力してから、「パスワードを要求」をオフにします。

    • リンクを再度送信する:「リンクを共有」をタップしてから、送信方法を選択します。(その他のオプションは、「詳細」をタップしてから、サービスをオンにして、そのサービスを使用可能なオプションにします。)要求された情報を入力してから、「送信」をタップします。

    • 書類リンクをコピー&ペーストする:リンクをタップし、「リンクをコピー」をタップしてから、「終了」をタップします。リンクをペーストしたい場所(ソーシャルネットワークのサイトやチャット内など)をタップしてから、「ペースト」をタップします。

    • 共有を停止する:「共有を停止」をタップします。共有をオフにするときに書類を開いているほかのユーザには、通知が表示されます。通知が閉じられると、書類が閉じます。書類にはそのリンクが保持されるため、共有を再度オンにすると、リンクは再度有効になります。

      共有ドキュメントの所有者が書類を別の場所に移動すると、リンクが破損し、共同制作者は書類にアクセスできなくなります。

公開日: 2018/06/01
役に立ちましたか?