Pages for iOS (iPhone, iPod touch): 書類を作成する

書類を作成する
Pages 書類を新規作成する

書類マネージャ(「Pages」のデフォルト画面)で、新規書類を作成したり、既存の書類を開いたりします。既存の書類は、内容のサムネールとして表示されます。開いている書類から書類マネージャに戻るには、画面の左上隅にある 「戻る」ボタン をタップします。

書類マネージャ

Pages 書類は常にテンプレートから始めます。テンプレートは必要に応じて変更できます:

  • ページにひたすら入力していきたい場合は、「空白」テンプレートを選択します。

  • パンフレットなど、レイアウトが複雑な書類を作成したい場合は、プレースホルダテキストおよびグラフィックスが備わったテンプレートの 1 つを選択します。

テンプレートのテキストやオブジェクトスタイルを使って作成した書類の外観は、プレースホルダから判断できます。独自の内容でプレースホルダ要素を置き換えたり、不要なプレースホルダを削除したり、そうでない場合は、好みに合わせて書類を自在に編集したりできます。

「空白」テンプレートにはプレースホルダは含まれていませんが、変更可能なデフォルトのフォーマットとフォントが含まれています。

書類を作成する

  1. 書類マネージャで、「新規作成」をタップします。

  2. 書類テンプレートをタップします。

  3. 空白のテンプレートを選択した場合は、新しい書類が開いたら入力を開始します。

    テキストおよびイメージプレースホルダを含むテンプレートを選択した場合は、必要に応じて以下の操作を行います:

    • プレースホルダテキストをタップしてから、独自のテキストを入力します。

    • プレースホルダイメージの右下隅にある 「プレースホルダ」ボタン をタップして、独自のイメージに置き換えます。

      プレースホルダテキストおよびイメージ
  4. 「新規作成」ボタン をタップして、表、グラフ、テキストボックス、図形、線、メディアを書類に追加します。

    Tip:   最近の変更を取り消すには、ツールバーの 「取り消す」ボタン をタップします。取り消すのをやめたい場合は、「取り消す」ボタン をタッチして押さえたままにしてから、「やり直す」をタップします。
  5. 完了したら、「戻る」ボタン をタップして書類を閉じ、書類マネージャに戻ります(書類は作業中に自動的に保存されます)。

書類は作業中に自動的に保存されます。いつでも書類の名前を変更したり保存先を変更したりできます。

公開日: 2016/02/18
役に立ちましたか?