Find my iPhone: デバイス上の情報の消去

デバイス上の情報の消去

iOSデバイス、Apple Watch、Macの紛失や盗難が発生した場合に、デバイスのデータを消去することができます。ただし、そのデバイスで「iPhoneを探す」の設定紛失前に実施されている必要があります。ファミリー共有が設定されている場合は、ファミリーメンバーのデバイス上の情報を消去することもできます。詳細については、Appleサポート記事「ファミリー共有」を参照してください。

デバイスをリモート消去しても、デバイス保護のためアクティベーションロックはオンのままになります。デバイスを再アクティベートするには、Apple IDとパスワードが必要です。

重要:デバイス上の情報を消去する前に、デバイスの位置確認サウンドの再生を試してみてください。デバイス上の情報を消去すると、「iPhoneを探す」も使用できなくなります。MacまたはApple Watchが以前に接続したことのあるWi-Fiネットワークの近くにある場合は、場所を特定できる可能性があります。

デバイス上の情報の消去

  1. 手元のデバイスで、iCloudで使用しているApple IDを使って「iPhoneを探す」にサインインします。

  2. 情報を消去したいデバイスをリストで選んでタップします。

  3. 「アクション」>「[デバイス]を消去」とタップし、以下のいずれかを実行します:

    • iOSデバイスまたはApple Watchの場合:自分またはファミリーメンバーのApple IDパスワードを入力します。信頼できるデバイス以外のデバイスを使用している場合は、消去するデバイスのパスコードを入力し、電話番号とメッセージを入力します。

    • Macの場合:自分またはファミリーメンバーのApple IDパスワードを入力します。Macをロックするパスコードを入力した後(このパスコードはロックを解除するときに必要になります)、メッセージを入力します。

    画面の右下にある「デバイスを消去」ボタン。
  4. 他の人のデバイスを使用している場合は、完了後に「iPhoneを探す」からサインアウトします。

3D Touch対応のデバイスを使用している場合は、消去するデバイスをリスト上でプレスすると所在地が表示され(Peek機能)、そのまま上にスワイプすると「消去」をタップできます。さらに少し深めにプレスすると、他のオプションを表示できます。

注記:信頼できるデバイス以外のデバイスを使用している場合は、消去するiOSデバイスのパスコードを入力するよう求められます。パスコードを入力できない場合や、Macを消去する場合は、不正行為によるリクエストではないことを確認できるよう、リモート消去が数時間遅れて実行されることがあります。信頼できるデバイスについて詳しくは、Appleサポート記事「Apple IDの2ファクタ認証」を参照してください。

情報消去の設定後の動作

  • そのデバイスではApple Payが無効となります。Apple Pay、学生証、エクスプレスカード用に設定されたクレジットカードまたはデビットカードは、デバイスから削除されます。クレジットカード、デビットカード、学生証は、デバイスがオフラインの場合でもデバイスから削除されます。エクスプレスカードは、次回デバイスがオンラインになったときに削除されます。詳細については、Appleサポート記事「Apple Payで使うカードを管理する」を参照してください。

  • デバイスがオンライン の場合は、リモート消去が開始します。Apple IDのメールアドレスに確認メールが送信されます。

  • デバイスがオフラインの場合は、次にオンラインになったときにリモート消去が開始されます。消去前にデバイスが見つかった場合は、消去をキャンセルできます。デバイスのリストでデバイスをタップし、「消去リクエストを中止」をタップして、Apple IDのパスワードを入力します。

  • iOSデバイスのデータを消去した後にデバイスが見つかった場合、iCloudバックアップ(消去にバックアップがオンになっていた場合)またはiTunesを使ってデバイスの情報を復元できます。詳細については、iPhoneiPadiPod touchのユーザガイドの「再起動、アップデート、リセット、および復元」セクションを参照してください。デバイスに最新バージョンのiOSが搭載されていない場合は、AppleサポートマニュアルのWebサイトでユーザガイドをダウンロードできます。

  • 消去後にApple Watchが見つかった場合は、情報を復元できます。詳細については、「Apple Watchユーザガイド」の「Apple Watchをバックアップから復元する」を参照してください。

  • 消去後にMacが見つかった場合は、Time Machineバックアップを使って(バックアップが存在する場合)、Mac上の情報を復元できます。詳細については、Appleサポート記事「Time MachineでMacをバックアップする」を参照してください。紛失前にMacのEFIファームウェアパスワードを設定し、消去後にMacを見つけた場合は、再度利用できるようにするために、Macを認定修理センターに持ち込んでロック解除する必要がある場合があります。

情報消去のキャンセル

デバイスがオフラインの場合は、次にオンラインになったときにリモート消去が開始されます。

  • 情報が消去される前にデバイスが見つかった場合は、消去リクエストをキャンセルできます。デバイスのリストでデバイスをタップし、「消去リクエストを中止」をタップして、Apple IDのパスワードを入力します。

iCloud.comで「iPhoneを探す」を使って、デバイスを消去することもできます。手順については、iCloud.comにアクセスして「ヘルプ」ボタン  をクリックし、「iPhoneを探す」>「デバイスの消去」を参照してください。

2ファクタ認証を使用している場合は、消去したデバイスが信頼できるデバイスのリストから削除されます。

注記:お使いのiPhone、iPad(Wi-Fi+Cellularモデル)、Apple Watchが見つかる見込みがない場合は、他人に利用された通話などの料金が請求されることがないように、携帯電話会社に連絡してサービスを停止してください。

公開日: 2019/09/04
役に立ちましたか?