Safari 8 (Yosemite): Cookie と Web サイトのデータを管理する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。

デフォルトでは、「Safari」はユーザがアクセスした Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。これには、特定の広告プログラムが Mac にデータを保存することを防ぐ効果があります。「Safari」環境設定のオプションを変更して、Cookie とその他の Web サイトのデータを常に受け入れる/常にブロックするように設定することができます。

Important:   「Safari」で Cookie の環境設定を変更したり、Cookie と Web サイトのデータを削除したりすると、その他のアプリケーション(「Dashboard」を含む)でそれらが変更または削除されることがあります。

「Safari」>「環境設定」と選択し、「プライバシー」をクリックして以下のいずれかを行います:

許可する Cookie と Web サイトのデータを変更する:「Cookie と Web サイトのデータ」のオプションを選択します:

  • 常にブロック:Web サイト、第三者、広告プログラムが Cookie とその他のデータを Mac に保存することをすべて禁止します。Web サイトによっては、正しく動作しなくなる可能性があります。

  • アクセス中の Web サイトのみ許可:ユーザが現在アクセスしている Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。多くの Web サイトにはほかのソースのコンテンツが埋め込まれています。それらの第三者による Cookie とその他のデータの保存を禁止します。

  • アクセスした Web サイトは許可:ユーザがアクセスした Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。Web サイトを表示したことがあるかどうかは、Cookie を使用して決定されます。これには、ユーザが表示する別の Web サイトにコンテンツを埋め込んでいる Web サイトが Mac に Cookie とデータを保存することを防ぐ効果があります。

  • 常に許可:Web サイト、第三者、広告プログラムが Cookie とその他のデータを Mac に保存することをすべて許可します。

保存されている Cookie やデータを削除する:「すべての Web サイトデータを削除」または「詳細」をクリックして、Web サイトを 1 つまたは複数選択し、「削除」をクリックします。

データを削除するとトラッキングは減りますが、Web サイトからログアウトされたり、Web サイトの動作が変わることもあります。

Cookie またはデータを保存している Web サイトを表示する:「詳細」をクリックします。

Web サイトにトラッキングの停止を求める:一部の Web サイトは、コンテンツを提供する際にユーザの閲覧動作をトラッキングして、表示するものをユーザに合わせて調整しています。サイトおよびそのサイトの第三者コンテンツプロバイダ(広告プログラムを含む)に対してトラッキングの停止を求めるように、「Safari」を設定できます。

このオプションを入にすると、「Safari」は Web サイトからコンテンツを取得するたびに、トラッキング停止の要求を追加します。ただし、その要求に応じるかどうかは Web サイト側の判断によります。

公開日: 2017/09/15
役に立ちましたか?