OS X Yosemite: ターゲット・ディスク・モードを使って 2 つのコンピュータ間でファイルを転送する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ターゲット・ディスク・モードを使って 2 つのコンピュータ間でファイルを転送する

FireWire ポートまたは Thunderbolt ポート付きの Mac コンピュータが 2 台ある場合は、それらを接続して、一方の Mac でもう一方の Mac を外部ハードディスクとして表示できます。これを「ターゲット・ディスク・モード」と呼びます。

  1. FireWire ケーブルまたは Thunderbolt ケーブルを使って 2 つの Mac を接続します。

  2. ターゲット・ディスク・モードでディスクとして使用したい Mac で、次のいずれかを実行します:

    • コンピュータの電源が切になっている場合は、T キーを押したまま起動します。

    • コンピュータの電源が入になっている場合は、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択して「起動ディスク」をクリックし、「ターゲット・ディスク・モード」をクリックします。

      コンピュータが起動すると、もう一方のコンピュータのデスクトップにディスクアイコンが表示されます。

  3. ディスク間でファイルをドラッグして、ファイルを転送します。

  4. ディスクアイコンを「ゴミ箱」にドラッグしてディスクを取り出します。

    ドラッグすると、「ゴミ箱」アイコンが「取り出す」アイコンに変化します。

  5. ディスクとして使用した Mac で、パワーボタンを押してシステム終了してから、ケーブルを外します。

公開日: 2017/09/15
役に立ちましたか?