OS X Yosemite: どこでも My Mac を使う

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
 
1 台の Mac が選択された Finder のサイドバーの「共有」セクション

どこでも My Mac を設定する

  1. 「どこでも My Mac」を使って使用したい各コンピュータで、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択してから、「iCloud」をクリックします。

  2. まだ iCloud にサインインしていない場合は、iCloud で使用する Apple ID を入力してから、「サインイン」をクリックします。

  3. 「どこでも My Mac」を選択します。

  4. 表示される指示に従って共有サービスを入にし、「ネットワークアクセスによってスリープを解除」を選択するか、「どこでも My Mac」に必要な変更がほかにある場合は変更を加えます。

コンピュータに接続する

  1. Finder のサイドバー で、接続したい Mac の「共有」見出しの下に注目します。

    「共有」の下に何も表示されていない場合は、「共有」の右側にポインタを置いて、「表示」をクリックします。

    「共有」見出しがサイドバーに表示されない場合は、「Finder」>「環境設定」と選択し、「共有」セクションの「どこでも My Mac」を選択します。

  2. 使用したいコンピュータをクリックしてから、「別名で接続」または「画面を共有」をクリックします。

サービスを共有するため、「どこでも My Mac」を使用するには、AirMac ベースステーションまたは AirMac Time Capsule で NAT-PMP(NAT ポート・マッピング・プロトコル)が設定されているか、ルーターで UPnP(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)が設定されている必要があります。詳しくは、「どこでも My Mac」が機能しない場合を参照してください。

 
Published Date: 2017/09/15
Helpful?