OS X Yosemite: Remote Desktop を使ってアクセスを許可する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.

「Remote Desktop」を使って画面および Mac を共有する場合は、「共有」環境設定で「画面共有」ではなく「リモートマネージメント」を使用する必要があります。

  1. 「共有」環境設定が開いていない場合は開きます(アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリックします)。続いて、「リモートマネージメント」チェックボックスを選択します。

  2. 次のいずれかを実行します:

    • ネットワーク上のすべてのユーザが「Apple Remote Desktop」を使ってこの Mac に接続できるようにする場合は、「すべてのユーザ」を選択します。

    • 「次のユーザのみ」を選択してから、「追加」()をクリックして、「Apple Remote Desktop」を使ってこの Mac を共有できるユーザを選択します。

  3. 「オプション」をクリックし、リモートユーザに実行を許可する処理を選択します。

  4. 「コンピュータ設定」をクリックし、お使いの Mac に適したオプションを選択します。VNC ビューアを使用して接続する場合は、パスワードを設定する必要があります。

「Apple Remote Desktop」は App Store から購入できます。「Apple Remote Desktop」の設定および使いかたについては、「Remote Desktop ヘルプ」を参照してください。

Published Date: 2017/09/14
Helpful?