Final Cut Pro X: スナップ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
スナップ

Final Cut Proでスナップ機能をオンにすると、タイムライン内で項目(再生ヘッド、スキマー、選択したクリップなど)を移動するときに、タイムライン内の特定の位置に直接ジャンプ(スナップ)します。これは、編集項目の位置をプロジェクト内の別の項目とすばやく揃えるときに便利です。「選択」ツール、「トリム」ツール、「位置」ツール、「範囲選択」ツール、「ブレード」ツールなど、Final Cut Proの多くの編集ツールでスナップが適用されます。フレーム単位の詳細な編集を行うときは、スナップを無効にできます。

公開日: 2019/09/17
役に立ちましたか?