Final Cut Pro X: Final Cut Pro 10.1.2 の新機能

Final Cut Pro 10.1.2 の新機能

「Final Cut Pro 10.1.2」には、以下で詳しく説明する新機能と機能強化が含まれています。

メディア管理の向上

新機能によって、メディア管理の柔軟性および制御が向上します。

  • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアをライブラリの外部の選択した場所に保存できます。

  • 最適化されたファイル、プロキシファイル、およびレンダリングされたファイルを「Final Cut Pro」から簡単に削除できます。

  • 「ライブラリのプロパティ」インスペクタを使用して、メディアファイル、キャッシュファイル、およびライブラリ・バックアップ・ファイルの保存場所を表示/設定できます。

詳しくは、保存場所を管理する最適化されたメディアファイルとプロキシメディアファイルを管理する、およびレンダリングファイルを管理するを参照してください。

整理機能の強化

「Final Cut Pro 10.1.2」では、整理ツールが効率化されています。

詳しくは、イベント内のクリップおよびプロジェクトを探すイベントクリップをマークする色付きの線、およびイベントを結合する/分割する/並べ替えるを参照してください。

プロ品質 4K カメラのワイドダイナミックレンジイメージをサポート

オーディオワークフローの向上

これらの機能強化によってオーディオワークフローを効率化します:

読み込みおよび書き出し機能

その他の注目すべき機能

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?