Final Cut Pro X: プリセットのテキストスタイルを適用する

プリセットのテキストスタイルを適用する

「Final Cut Pro」には、テキストに適用できるプリセット・テキスト・スタイル(2D および 3D)が用意されています。テキストスタイルとは、スタイル設定のグループのことです。独自のカスタム・テキスト・スタイルを作成し、それらをプリセットとして保存することもできます。「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューを使用して、プリセット・テキスト・スタイルを適用してください。

「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニュー

プリセットのテキストスタイルをタイトルに適用する

  1. タイムラインでタイトルクリップをダブルクリックします。

    タイトルがビューアに表示され、タイトルクリップの最初のテキストオブジェクトにあるテキストが選択されます。

  2. インスペクタがまだ表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  3. インスペクタの上部にある「テキスト」ボタンをクリックします。

    「テキスト」ボタン

    ヒント:インスペクタの上部のバーをダブルクリックすると、ハーフハイト表示とフルハイト表示を切り替えることができます。

  4. 「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューをクリックして、「2D スタイル」または「3D スタイル」を選択します。

    「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューで「2D スタイル」オプションが選択されている
  5. 表示されるサブメニューからテキストスタイルを選択します。

    「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューの 2D テキストスタイル。「Dream」テキスト・スタイル・プリセットが選択されている

    テキストスタイルが選択したテキストに適用されます。

カスタム・テキスト・スタイルを保存する/適用する

  1. タイムラインでタイトルクリップをダブルクリックします。

    タイトルがビューアに表示され、タイトルクリップの最初のテキストオブジェクトにあるテキストが選択されます。

  2. インスペクタがまだ表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  3. インスペクタの上部にある「テキスト」ボタンをクリックします。

    「テキスト」ボタン

    ヒント:インスペクタの上部のバーをダブルクリックすると、ハーフハイト表示とフルハイト表示を切り替えることができます。

  4. 「テキスト」インスペクタでフォントやスタイルにカスタム変更を行います。

    詳しくは、タイトルのテキストスタイルを変更するを参照してください。

  5. 「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューをクリックして、以下のいずれかを選択します:

    • フォーマット属性を保存:フォント、サイズ、行揃え、文字間隔、行間など、テキストの基本的な属性を保存します。

    • アピアランス属性を保存:テキストカラー、アウトラインカラー、グロー、ドロップシャドウなどのエフェクトを保存します。

    • フォーマット属性とアピアランス属性をすべて保存:フォーマット属性とスタイル属性の両方を保存します。

  6. 「プリセットをライブラリに保存」ウインドウで、新しいカスタムプリセットの名前を入力します。

    カスタム・テキスト・スタイルが保存され、「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューにアルファベット順で表示されます。

    「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニュー
  7. 新しいプリセットを別のタイトルに適用するには、タイムラインでタイトルを選択し、「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューをクリックしてプリセットを選択します。

保存したカスタムのテキストスタイルを整理する

  1. 「Final Cut Pro」を終了します。

  2. Finder で、Option キーを押しながら「移動」>「ライブラリ」と選択します。

  3. 「ユーザ/ユーザ名/ライブラリ/Application Support/Motion/Library/テキストのスタイル/」に移動します。

    「テキストのスタイル」フォルダには、作成したカスタムのテキストスタイルが含まれています。テキストスタイルごとに 3 つのファイルがあります:. molo 拡張子が付いたファイル、.png 拡張子が付いたファイル(テキストスタイルのプレビュー)、およびスタイル名の末尾に「_menu」が付加されたファイル(これにも.png 拡張子が付きます)。テキストスタイルの名前がプリセットメニューに表示され、スタイルの属性が名前に適用されます。

  4. 1 つまたは複数のフォルダを作成し、対応する .molo ファイルと .png ファイルをフォルダにドラッグします。

次回「Final Cut Pro」を開いたときに、それらのフォルダが「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューにカテゴリとして表示されます。

カスタムのテキストスタイルを削除する

  1. 「Final Cut Pro」を終了します。

  2. Finder で、Option キーを押しながら「移動」>「ライブラリ」と選択します。

  3. 「ユーザ/ユーザ名/ライブラリ/Application Support/Motion/Library/テキストのスタイル/」に移動します。

    「テキストのスタイル」フォルダには、作成したカスタムのテキストスタイルが含まれています。テキストスタイルごとに 3 つのファイルがあります:. molo 拡張子が付いたファイル、.png 拡張子が付いたファイル(テキストスタイルのプレビュー)、およびスタイル名の末尾に「_menu」が付加されたファイル(これにも.png 拡張子が付きます)。テキストスタイルの名前がプリセットメニューに表示され、スタイルの属性が名前に適用されます。

  4. 削除したいカスタムのテキストスタイルごとに、.molo ファイルと .png ファイルをゴミ箱に入れます。

  5. 「Final Cut Pro」の環境設定をリセットするには、Option + Command キーを押したまま「Final Cut Pro」を開きます。

「Final Cut Pro」を開くと、カスタムのテキストスタイルが「テキスト」インスペクタの上部にあるポップアップメニューに表示されなくなります。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?