Safari 6/7 (Mavericks): Cookie とその他の Web サイトのデータを管理する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.

Web サイトによって、ユーザのデバイスに Cookie とその他のデータが保存されることがよくあります。このデータには、名前、メールアドレス、設定など、ユーザが入力した情報が含まれている可能性があります。このデータは、当該 Web サイトを再訪したユーザを識別して、適切なサービスを提供したり、興味を持つ可能性のある情報を表示したりできるようにするために役立ちます。

デフォルトでは、「Safari」はユーザがアクセスした Web サイトからのみ Cookie と Web サイトのデータを受け入れます。これには、特定の広告プログラムがデバイスにデータを保存することを防ぐ効果があります。「Safari」環境設定のオプションを変更して、Cookie とその他の Web サイトのデータを常に受け入れる/常にブロックするように設定することができます。

重要: 「Safari」で Cookie の環境設定を変更するか、Cookie とその他の Web サイトのデータを削除すると、その他のアプリケーション(「Dashboard」を含む)でそれらが変更または削除されることがあります。
「Safari」>「環境設定」と選択し、「プライバシー」をクリックして以下のいずれかを行います:
オプション 説明
Cookie またはデータを保存している Web サイトを表示する: 「詳細」をクリックします。
保存されている Cookie やデータを削除する: 「すべての Web サイトデータを削除」または「詳細」をクリックして、Web サイトを 1 つまたは複数選択し、「削除」をクリックします。

 

Web サイトが保存した情報を削除すると、その Web サイトは以前提供していたサービスを提供できなくなる場合があります。

Cookie と Web サイトのデータをブロックする方法を変更する: 「Cookie とその他の Web サイトのデータをブロック」セクションでオプションを選択します。
Cookie を一時的に許可する: Web サイトから Cookie を許可するように要求された場合は、「Cookie とその他の Web サイトのデータをブロック」セクションで一時的に「しない」を選択できます。その Web サイトの閲覧が終わったら、Cookie とデータのブロック設定の別のオプションを選択し、そのページによって保存された Cookie を削除します。
Published Date: 2017/09/14
Helpful?