MacのためのKeynote: 引数に条件とワイルドカードを使用できるKeynoteの関数

引数に条件とワイルドカードを使用できるKeynoteの関数

SUMなど、いくつかの関数は範囲全体に演算を実行します。SUMIFなど、いくつかの関数は条件を満たす範囲のセルにのみ演算を実行します。たとえば、列Bの5未満のすべての数値を合計する場合を考えましょう:

SUMIF(B,“<5”)

SUMIFの2番目の引数は条件と呼ばれ、これによって要件を満たさないセルが無視されます。

条件を使用する関数には次の2つのタイプがあります:

  • 1つは、名前の末尾がIFまたはIFSの関数です(ただし関数IFは除きます。この関数は条件を使用せずにTRUEまたFALSEに評価される式を使用します)。これらの関数は、条件の中で、「>5」、「<=7」、「<>2」のように数値を比較できます。  条件の指定にワイルドカードも使用できます。たとえば、列B内の文字「a」で始まるセル数をカウントするには、

    「COUNTIF(B,“a*”)」を使用できます。

  • もう1つは、HLOOKUPなど、条件を使用するけれども数値条件を実行できない関数です。これらの関数では、ワイルドカードを使用できることがあります。

数値比較またはワイルドカードを使用できる関数

関数

数値比較を使用する

ワイルドカードを使用する

AVERAGEIF

AVERAGEIFS

COUNTIF

COUNTIFS

SUMIF

SUMIFS

HLOOKUP

不可

完全一致が指定された場合

MATCH

不可

完全一致が指定された場合

SEARCH

不可

VLOOKUP

不可

完全一致が指定された場合

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?