MacのためのKeynote: プレゼンテーションをKeynoteまたは別のフォーマットで送信する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
プレゼンテーションをKeynoteまたは別のフォーマットで送信する

AirDrop、「メール」、「メッセージ」、またはその他のサービスを使って、Keynoteプレゼンテーションを送信できます。また、別のフォーマットで送信することもできます。

  1. いずれかのフォーマットを選択し、設定を指定します:

    • PDF: この形式のファイルは、「プレビュー」や「Adobe Acrobat」などのアプリケーションで開いたり、場合によっては編集したりできます。各スライドがPDFの固有のページに表示されます。発表者ノートやスキップしたスライドをプリントしたい場合には、横にあるチェックボックスを選択します。「ビルドの各段階をプリント」を選択した場合、プレゼンテーションでの表示と同じ順序で、各ビルドが固有のページに出力されます。

      「イメージの品質」ポップアップメニューをクリックして、オプションを選択します。(イメージ品質を高くすればするほど、コピーのファイルサイズは大きくなります)。

      注記:その他のPDFオプションについては、「キャンセル」をクリックし、「ファイル」>「プリント」と選択して、プリントオプションの下部にある「詳細を表示」をクリックしてください。

    • PowerPoint: 古いバージョンのPowerPoint(1997〜2003)と互換性を保つ必要がある場合は、「詳細オプション」をクリックして、ポップアップメニューから「.ppt」を選択します。

    • ムービー: ナレーションを録音した場合、「再生」ポップアップメニューをクリックすると、「スライドショー記録」を選択できます。それ以外の場合、プレゼンテーションは自動再生され、指定した間隔で次のスライドまたは次のビルドに進みます。前のビルドまたはトランジションに続いて進むように設定されているアニメーションがある場合、指定した間隔の影響は受けません。

      「解像度」ポップアップメニューをクリックしてから、解像度を選択します。カスタム解像度を設定するには、メニュー下部にある「カスタム」をクリックします。

  2. パスワードのチェックボックスがある場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • パスワードを設定する: 「開くときにパスワードを要求」チェックボックスを選択し、パスワードを入力します。これは、コピーにのみ適用されます。

    • 元のプレゼンテーションのパスワードを保持する: 「開くときにパスワードを要求」チェックボックスが選択されていることを確認します。

    • 送信するコピーに別のパスワードを使用する: 「開くときにパスワードを要求」チェックボックスを選択し、「パスワードを変更」をクリックしてから、新しいパスワードを設定します。

    • パスワードを設定せずにコピーを送信する: 「開くときにパスワードを要求」チェックボックスの選択を解除します。

  3. 「次へ」をクリックしてから、要求された情報を入力します(メールを送信する場合のメールアドレスなど)。

    選択した方法のアカウントにサインインしていない場合は、続行する前にサインインするよう要求されます。AirDropの場合は、受信者が承諾するとプレゼンテーションが送信されます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?