MacのためのKeynote: Keynoteでの共同制作の概要

Keynoteでの共同制作の概要

Keynoteプレゼンテーションのリンクを共有して、ほかのユーザとリアルタイムで共同制作ができます。共有プレゼンテーションおよびその変更はiCloudに保存されるため、共有プレゼンテーションが変更されると、そのプレゼンテーションで作業しているユーザに変更内容が表示されます。

プレゼンテーションのオーナーは、だれがアクセスでき、どのような操作ができるかを指定できます:

  • プレゼンテーションのアクセス: だれでもリンクを使用してプレゼンテーションを開けるようにして、リンクを送信することができます。または、特定の人に参加を依頼することもできます。参加者は、自分の Apple ID でiCloudにサインインしてプレゼンテーションを開く必要があります。

  • 編集権限: ほかのユーザがプレゼンテーションを変更できるようにするか、プレゼンテーションの閲覧だけができるようにするかを選択できます。

アクセス権の変更や共有の停止はいつでもできます。

下部に「共有」ボタンが表示された共同制作設定ウインドウ。

iCloudの要件

ほかのユーザにプレゼンテーションの共同制作への参加を依頼するには、iCloudにサインインしてiCloud Driveをオンにする必要があります。

参加を依頼した相手のみがプレゼンテーションを共同制作できるようにする場合は、相手も閲覧または編集時にiCloudにサインインする必要があります。Apple IDに関連付けられていないメールアドレスまたは電話番号を使用している相手に参加を依頼する場合、相手が参加依頼を承諾するにはそのメールアドレスまたは電話番号をApple IDに追加する必要があります。参加依頼に記載されたリンクをタップまたはクリックすると、そのための手順が表示されます。

最小システム要件

共有プレゼンテーションを閲覧または編集する場合、共有する人には以下のいずれかが必要です:

  • macOS High Sierra 10.13以降とKeynote 9.1以降が搭載されたMac。iCloudにサインインしてiCloud Driveをオンにする必要もあります。

  • iOS 11以降とKeynote 5.1以降が搭載されたiOSデバイス。iCloudにサインインしてiCloud Driveをオンにする必要もあります。

  • サポートされるブラウザがインストールされたMacまたはWindowsコンピュータ。

Androidデバイス、またはiOS 11以降とKeynote 5.1以降がインストールされていないiOSデバイスでは、閲覧のみが可能で、編集はできません。

注記:共有されているプレゼンテーションでは、一部のKeynoteの機能が使用できません。詳しくは、Appleサポート記事「Pages、Numbers、Keynoteの共同制作について」を参照してください。

プレゼンテーションがiCloudではなくBoxに保存されている場合は、Boxの共同制作コントロールを使用して共同制作することができます。詳しくは、Appleサポート記事「BoxでPages、Numbers、Keynoteを使う」を参照してください。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?