MacのためのKeynote: KeynoteでiCloud Driveを使う

KeynoteでiCloud Driveを使う

iCloud Driveでは、プレゼンテーションを保存して、同じApple IDでiCloudにサインインしているコンピュータおよびiOSデバイス上でそれらを最新の状態に保つことができます。直前の編集をどこで行ったかに関係なく、プレゼンテーションの最新バージョンをいつでも表示できます。

プレゼンテーションの同期をシームレスに行うには、iCloud Drive、iOS 8以降を搭載したデバイス、およびOS X 10.10以降を搭載したMacコンピュータを使用してください。iOSデバイスでは、iCloud Driveに保存されている項目は、プレゼンテーションマネージャに表示されます。

Keynote for iCloudを使用すると、MacまたはWindowsコンピュータでサポートされているWebブラウザを使用して、Keynoteプレゼンテーションを作成および編集することもできます。

MacのiCloud Driveを設定する

  1. 画面左上隅のアップルメニューで、「システム環境設定」を開き、「iCloud」をクリックします。

  2. Apple IDを使ってサインインするか、新しいApple IDを作成してサインインします。

    重要: Apple IDまたはそのパスワードを忘れた場合は、Apple IDのWebサイトで復旧することができます。複数のApple IDを持つことはできますが、推奨されていません。あるApple IDを使ってiTunes StoreおよびApp Storeで購入したものを別のApple IDを使って購入したものと一緒にすることはできません。

  3. 「iCloud Drive」チェックボックスを選択します。

  4. 「iCloud Drive」チェックボックスの横にある「オプション」をクリックしてから、「Keynote」チェックボックスを選択します。

Mac上のKeynoteでiCloudがオフになっている場合、行った編集内容や新規作成したプレゼンテーションはiCloud Driveに保存されません。デバイスまたはほかのコンピュータで新規作成または変更したプレゼンテーションは、お使いのMacのKeynoteでは使用できません。

詳しくは、Appleサポート記事「iCloud Driveを設定する」を参照してください。

Keynote for iCloud Webアプリケーションを開く

Keynote for iCloudを使って作成したプレゼンテーションは、iCloudを使用するように設定されているMacおよびiOSデバイス上のKeynoteに自動的に表示されます。逆の場合も同じで、iOSデバイスまたはMac上のKeynoteで作成したプレゼンテーションは、Keynote for iCloudに自動的に表示されます。

  1. MacでiCloudにサインインしていること、および「iCloud Drive」が選択されていることを確認します(「システム環境設定」の「iCloud」環境設定にあります)。

  2. MacまたはWindowsコンピュータでiCloud.comにアクセスし、同じApple IDを使用してサインインします。

  3. 「Keynote」をクリックします。

Keynote for iCloudの使用について詳しくは、「Keynote for iCloudヘルプ」を参照してください。

複数デバイス間でプレゼンテーションを管理する際のヒント

以下に、iCloudを使用して複数デバイス間でプレゼンテーションを管理するときに留意するべきいくつかの点を示します:

  • インターネットに接続していない状態でプレゼンテーションを編集して閉じようとすると、Mac上の「開く」ダイアログのプレゼンテーションサムネールの横にクラウドアイコンが表示されます。次回インターネットに接続するとき、編集済みのプレゼンテーションがiCloud Driveに保存されます。

  • 複数のコンピュータまたはデバイスでプレゼンテーションを編集し、編集内容を同期する時間がない場合、不一致が発生します。バージョンの不一致が発生した場合、いずれかのバージョンまたはすべてのバージョンを保持することができます。(これは、ほかのユーザと共有していないプレゼンテーションにのみ当てはまります)。

  • ほかのユーザから共有されたプレゼンテーションを削除すると、そのプレゼンテーションは、自分のiCloud DriveとすべてのデバイスのKeynoteから削除されます。共有されたリンクを再度クリックすれば、プレゼンテーションがiCloud Driveに戻り、iCloudがオンになっているすべてのコンピュータやデバイスで再び利用できるようになります。

  • フォルダを使用してプレゼンテーションを整理すると、すべてのデバイスに同じフォルダ構成が反映されます。

  • あるデバイスでプレゼンテーションにパスワードを追加した場合、そのプレゼンテーションを開くためにすべてのデバイスでパスワードが必要になります。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?