MacのためのKeynote: Keynoteテーマを作成する/管理する

Keynoteテーマを作成する/管理する

作成したプレゼンテーションをほかのプレゼンテーションのモデルとして再利用したい場合は、テーマとして保存できます。既存のテーマに会社のロゴを追加するだけでも独自のテーマを作成できますが、まったく新しいテーマをデザインすることもできます。

カスタムテーマは、テーマセレクタに追加して、ほかの人と共有したり、Mac、iPhone、またはiPadのKeynoteで使用したりするために、ファイルとして保存することができます。Macで作成したカスタムテーマはテーマセレクタの「マイテーマ」カテゴリにグループ化され、すべてのデバイスで共有されます。

プレゼンテーションをテーマとして保存する

iCloudにサインインしていてiCloud Driveがオンになっている場合、カスタムテーマを保存すると、すべてのデバイスで利用できるようになります(ただし、Keynote for iCloudを除く)。

  1. プレゼンテーションを開き、画面上部の「ファイル」メニューで、「ファイル」>「テーマを保存」と選択します。

  2. オプションをクリックします:

    • テーマセレクタに追加: テーマの名前を入力して、「選択」をクリックします。テーマの保存時にiCloudにサインインしていてiCloud Driveがオンになっている場合、その新しいテーマはすべてのデバイスに表示されます。

    • 保存: テーマの名前を入力して、保存場所を選択します。

      テーマをほかのユーザにメールで送りたい場合は、まずコンピュータに保存します。テーマファイルをメールメッセージに添付します。

Mac上の別のソースからテーマをインストールする

添付ファイルとして受信したカスタムテーマは、Keynoteのテーマセレクタに追加することで、インストールできます。

注記:カスタムテーマを作成した後、iCloudにサインインしているときに「テーマセレクタに追加」を選択した場合、すでにカスタムテーマはすべてのデバイスにインストールされているので、テーマセレクタの「マイテーマ」カテゴリで利用できます。プレゼンテーションをテーマとして保存するを参照してください。

  • テーマファイル(ファイル名拡張子「.kth」)をダブルクリックして、「テーマセレクタに追加」をクリックします。

    新規プレゼンテーションをテーマセレクタからではなく、常に同じテーマから開くようにKeynoteを設定できます。画面上部の「Keynote」メニューで、「Keynote」>「環境設定」と選択します。「一般」パネルで「テーマを使用」を選択し、「テーマを変更」をクリックしてテーマを選択します。

カスタムテーマの名前を変更する/削除する

iCloudにサインインしていてiCloud Driveがオンになっている場合、カスタムテーマを削除すると、すべてのデバイスから削除されます。

  1. テーマセレクタで、Controlキーを押しながらテーマ名をクリックして、「名称変更」または「削除」を選択します。

  2. 名前を変更する場合は、新しい名前を入力してReturnキーを押します。

    カスタムテーマは常に、テーマセレクタの「マイテーマ」カテゴリに、追加された順番で表示されます。それらを並べ替えることはできません。

カスタムテーマを編集する

作成したカスタムテーマを保存すると、そのテーマは編集できなくなります。ただし、そのテーマを基にして新しいテーマを作成することができます。

  1. 「ファイル」>「新規」と選択して、新しいテーマの基として使用したいテーマをダブルクリックします。

    カスタムテーマは、テーマセレクタの「マイテーマ」カテゴリに表示されます。ここに表示されないカスタムテーマを使用したい場合は、先にそのカスタムテーマをインストールする必要があります(上の手順を参照してください)。

  2. 変更を加えて、「ファイル」>「テーマを保存」と選択し、プレゼンテーションを新しいテーマとして保存するオプションを選択します。

新規テーマの作成後に、古いテーマを削除できます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?