MacのためのKeynote: Keynoteプレゼンテーションにグラフを追加する/削除する

Keynoteプレゼンテーションにグラフを追加する/削除する

Keynoteでグラフを作成する場合、(グラフ自体ではなく)「グラフ・データ・エディタ」にグラフデータを入力します。「グラフ・データ・エディタ」で変更を加えると、グラフは自動的にアップデートされます。

縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、円グラフ、またはドーナツグラフ

  1. ツールバー「グラフ」ボタン をクリックしてから、「2D」、「3D」、または「Interactive」をクリックすると、異なるグラフスタイルが表示されます。

    さらに多くのスタイルを表示するには、左右の矢印をクリックします。

    グラフの追加メニュー。
  2. グラフをクリックしてスライドに追加します。

    3Dグラフを追加すると、その中心に 回転コントロール が表示されます。このコントロールをドラッグすると、グラフの向きを調整できます。

    ドーナツグラフを追加して中央の穴のサイズを変更したい場合は、「フォーマット」  サイドバーの「セグメント」タブをクリックしてから、サイドバーの「内半径」セクションで、スライダをドラッグするか、特定の値を入力します。

  3. データを追加するには、グラフをクリックし、グラフの近くにある「グラフデータを編集」ボタンをクリックしてから、グラフ・データ・エディタでデータを入力します。

    グラフ・データ・エディタ。列ヘッダと、データ系列の行または列を選択するためのボタンのコールアウトが表示された状態。
  4. 行または列をデータ系列としてプロットするかどうかを変更するには、表の右上隅にあるいずれかのボタンをクリックします。

  5. 「グラフ・データ・エディタ」を閉じてグラフに戻ります。

散布図

散布図は、複数のデータセットの関係を示します。データは点として表示され、1つのデータ系列の値をプロットするために、少なくとも2列または2行のデータ(XおよびYの値)が必要です。デフォルトでは、散布図の各データ系列はX軸の値を共有します。そのため、別のデータ系列を表示するには、さらに行または列を追加するだけで済みます。

下の散布図は、運転速度と燃費効率(マイル/ガロン)の相関関係を表します。

運転速度と燃費効率の関係を示す散布図。
  1. ツールバー「グラフ」ボタン をクリックしてから、「2D」または「Interactive」をクリックします(3Dの散布図はありません)。

    さらに多くのスタイルを表示するには、左右の矢印をクリックします。

    スライドに追加できるさまざまタイプのグラフと、散布図へのコールアウトを示す図。
  2. 散布図をクリックするか、スライドにグラフをドラッグします。

  3. データを追加するには、グラフをクリックし、「グラフデータを編集」をクリックしてから、グラフ・データ・エディタでデータを入力します。

    色付きの各行および各列は、グラフにプロットされるデータ系列を表します。

    グラフ・データ・エディタ。データ系列の列と、行または列のどちらでデータ系列をプロットするかを変更するためのボタンが表示された状態。
  4. 必要に応じて以下の操作を実行します:

    • 行または列をデータ系列としてプロットするかどうかを変更する: 「グラフ・データ・エディタ」の右上隅にあるボタンをクリックします。

    • データ系列ごとに異なるx軸値を使用する: 「Xの値を共有するかどうかを選択」メニューボタン をクリックしてから、「Xの値を共有」の選択を解除します。各セルをクリックして、データ系列の独自のXとYの値を入力します。

    • 別のデータ系列を追加する: 次の空の列(または行でプロットしている場合は次の空の行)に新しいデータ系列名を入力してから、Returnキーを押します。

  5. 「グラフ・データ・エディタ」を閉じてグラフに戻ります。

バブルチャート

バブルチャートは、散布図の一種で、データは点ではなくバブルとしてプロットされます。バブルチャートを使用して、3次元のデータをプロットすることができます。各データ系列には、比較値(XおよびY)とサイズ値(Z)の間の関係を伝える3番目の次元が含まれています。サイズ値はバブルの大きさで表されます。

デフォルトでは、バブルチャートの各データ系列はX軸の値を共有します。そのため、別のデータ系列を表示するには、データの行または列をさらに2つ追加するだけで済みます。従属関係のないX軸の値を使用する場合は、別のデータ系列を表示するために3つの行または列(X、Y、およびZ)を追加する必要があります。

下のバブルチャートは、働いている販売担当者の人数(x)によって、販売量(y)がどのように異なるかを表します。データは、可変サイズのバブルとしてプロットされます。バブルが大きくなると、合計の販売量(z)が多くなります。

販売担当者の人数および販売量の関数としての売上高合計を表示しているバブルチャート。
  1. ツールバー「グラフ」ボタン をクリックしてから、「2D」または「Interactive」をクリックします。

    さらに多くのスタイルを表示するには、左右の矢印をクリックします。

    グラフを追加メニュー。バブルチャートを含むインタラクティブグラフが表示された状態。
  2. バブルチャートをクリックするか、スライドにグラフをドラッグします。

  3. データを追加するには、グラフをクリックしてから、グラフの近くにある「グラフデータを編集」ボタンをクリックします。

    「グラフ・データ・エディタ」にプレースホルダデータ(X軸、Y軸、およびサイズ値)が表示されます。色付きの各列は、グラフにプロットされるデータ系列を表します。

    グラフ・データ・エディタ。列ヘッダと、データ系列を行または列でプロットするためのボタンが表示された状態。
  4. 各セルをクリックして、データ系列の独自のX 、Y、およびサイズの値を入力します。

    別のデータ系列を追加するには、次の空の列(または行でプロットしている場合は次の空の行)に新しいデータ系列名を入力してから、Returnキーを押します。

  5. 行または列をデータ系列としてプロットするかどうかを変更するには、「グラフ・データ・エディタ」の右上隅にあるボタンをクリックします。

  6. 各データ系列で同じX軸の値を使用したくない場合は、「Xの値を共有するかどうかを選択」メニューボタン をクリックしてから、「Xの値を共有」の選択を解除します。

  7. 「フォーマット」  サイドバーの「系列」タブをクリックします。

  8. サイドバーの「バブルデータ」セクションで、サイズ値のポップアップメニューをクリックしてから、バブルのサイズ値を表現する方法(面積または直径)を選択します。

  9. 負の値のバブルを表示するには、「負のバブルを表示」チェックボックスを選択します。

  10. 「グラフ・データ・エディタ」を閉じてグラフに戻ります。

インタラクティブグラフ

インタラクティブグラフは、長期的なグループ別の売上、部門別の支出、各大陸の地域別の人口変化などのデータを示すために使用できます。次の例は、3年間の3つの種の増加を示しています。

3段階の異なったデータセットを表示するインタラクティブグラフ。

スライダとボタンを使用して、またはボタンのみを使用してグラフと対話できます。

  1. ツールバー「グラフ」ボタン をクリックしてから、「Interactive」をクリックします

    さらに多くのスタイルを表示するには、左右の矢印をクリックします。

  2. グラフをクリックするか、スライドにグラフをドラッグします。

  3. データを追加するには、グラフをクリックし、グラフの近くにある「グラフデータを編集」ボタンをクリックしてから、グラフ・データ・エディタでデータを入力します。

    データセルには数字、日付、期間、列ヘッダ、行ヘッダを追加できます。数値をフォーマットするには、セルを選択し、「フォーマット」  サイドバーの「系列」タブをクリックしてから、「数値ラベル」ポップアップメニューをクリックします。

  4. 行または列をデータ系列としてプロットするかどうかを変更するには、「グラフ・データ・エディタ」の右上隅にあるいずれかのボタンをクリックします。

    データ系列は、常にインタラクティブグラフにプロットされますが、各データセットは個別に表示されます。

  5. 「グラフ・データ・エディタ」を閉じてグラフに戻ります。

  6. グラフの操作に使用するコントロールのタイプを変更するには、グラフをクリックしてから、「フォーマット」 サイドバーの「グラフ」タブをクリックします。

  7. 「インタラクティブグラフ」の下にあるポップアップメニューをクリックして、「ボタンのみ」を選択します。

インタラクティブグラフに「マジックグラフ」ビルドエフェクトを追加して、さまざまなグラフのデータ系列に動きを付けることができます。下のタスクを参照してください。

インタラクティブグラフに「マジックグラフ」エフェクトを追加する

「マジックグラフ」ビルドエフェクトを使うと、グラフ内のさまざまなデータ系列をアニメートすることができます。

  1. インタラクティブグラフをクリックします。

  2. 「アニメーション」  サイドバーの「イン」タブをクリックします。

  3. サイドバーの下部にある「ビルドの順番」ボタンをクリックしてから、「ビルドの順番」リストでグラフをクリックします。

  4. 「開始」ポップアップメニューをクリックし、オプションを選択します:

    • クリック時: プレゼンテーション中にスライドをクリックしたときに、「マジックグラフ」エフェクトが再生されます。

    • トランジションの後: プレゼンテーション中にスライドが開いたときに、「マジックグラフ」エフェクトが構築されて再生されます。

  5. 「プレビュー」をクリックすると、グラフのデータ系列がアニメートされて表示されます。

グラフを削除する

  • グラフをクリックして選択してから、キーボードのDeleteキーを押します。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?