MacのためのKeynote: Keynote プレゼンテーションにリンクを追加する

Keynote プレゼンテーションにリンクを追加する

テキスト、テキストボックス、イメージ、図形、線、矢印、およびビデオをリンクにして、プレゼンテーション中にクリックすると、Web ページやメールメッセージのウインドウを開いたり、ほかのスライドにジャンプしたりするように設定できます。リンク付きのオブジェクトも、プレゼンテーション内の通常のオブジェクトと見た目は変わりません。

テキストボックスまたは図形内にテキストを入力すると、自動的に有効な Web アドレス(URL)とメールアドレスが検出されます。(アドレスの後ろに、スペース、タブ、改行文字、または引用符、丸かっこ、角かっこなどのいずれかの句読点記号が必要です。)URL およびメールアドレスはアクティブになり、下線が付いてリンクであることが示されます。

リンクを自動検出したくない場合は、リンクの自動フォーマットをオフにできます。

イメージのリンクインジケータ。

テキストまたはオブジェクトにリンクを追加する

  1. Control キーを押しながらオブジェクトまたはテキストボックスをクリックするか、リンクにしたいテキストを選択してから、「リンクを追加」を選択します。

  2. リンク先またはアクションを選択します:

    • スライド:リンク先にしたいスライドを選択します。リンク先を確認するには、「スライドに移動」をクリックしてそのスライドにジャンプします。

    • Web ページ:ブラウザで Web ページを開きます。「リンク」フィールドに Web ページの URL を入力します。入力内容を確認するには、「ページに移動」をクリックして Web ページを開きます。

    • メール:入力したアドレスおよび件名と一致するメールメッセージを開きます。「メールに移動」をクリックすると、メッセージのプレビューが表示されます。

  3. ダイアログの外側をクリックすると、ダイアログが閉じます。

リンクされたテキストにはアンダーラインが付き、リンクされているオブジェクトの横にリンクアイコン(曲がった矢印のようなアイコン)が表示されます。このアイコンはプレゼンテーションの再生中には表示されません。

リンクを編集する/無効にする

スライド上の関連するテキストまたはオブジェクトに影響を与えずに、リンクを削除できます。

  • リンクされたテキストをクリックするか、リンクされたオブジェクトのリンクアイコンをクリックし、変更を加えるか、「削除」をクリックします。

リンクの自動フォーマットをオフにする

Web サイトの URL やメールアドレスをアクティブリンクとして自動フォーマットしたくない場合は、自動フォーマットをオフにできます。

  1. 画面上部の「Keynote」メニューで、「Keynote」>「環境設定」と選択します。

  2. 環境設定ウインドウの上部にある「自動修正」をクリックします。

  3. 「フォーマット」セクションで、「リンクを自動的に検出」チェックボックスを選択解除します。

この設定はすべての Keynote プレゼンテーションに適用されます。この変更は既存のリンクには影響しません。

閲覧者がリンクをクリックするとスライドが変わる、インタラクティブなプレゼンテーションとなるようにスライドショーを設定できます。インタラクティブな、リンクのみのプレゼンテーションは、キオスクモードの場合に特に役立ちます。

Published Date: 2018/11/28
Helpful?