MacのためのKeynote: イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要

イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要

オブジェクトとは、スライドに配置する項目のことです。表、グラフ、テキストボックス、図形、および写真などはオブジェクトの例です。オブジェクトタイプはツールバーにボタンで表されています。これらのボタンをクリックして、スライドに追加する特定のオブジェクトを選択します。

「Keynote」ツールバー。オブジェクトをスライドに追加するために使用するボタンが表示された状態。

オブジェクトの外観は、オブジェクトの個々の属性(塗りつぶしのカラー、枠線、シャドウなど)を変更することで変更できます。また、デザイン済みのオブジェクトスタイルを適用することで、オブジェクトの全体的な外観をすばやく変更することもできます。オブジェクトスタイルは、使用されるテーマにマッチするようにデザインされた属性の組み合わせです。

オブジェクトを選択すると、そのフォーマットコントロールが右側のサイドバーに表示されます。表示されるのは、選択したタイプのオブジェクト用のコントロールのみです。サイドバーが表示されない場合は、ツールバー「フォーマット」ラジオボタン をクリックします。(サイドバーを隠すには、再度ボタンをクリックします。)

サイドバーの「フォーマット」セクションに表示されている図形のスタイルとオプション。

スライド上のオブジェクトを重ねたり、オブジェクトのサイズを変更したり、オブジェクトをネストさせてテキストボックスや図形内のテキストと一緒にインラインで表示したりすることができます。また、オブジェクトをリンクさせて、クリックしたときにWebページやメールメッセージを開いたり、そのプレゼンテーションからほかのスライドにジャンプしたりすることもできます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?