MacのためのKeynote: スライドをスキップする/スキップ解除する

スライドをスキップする/スキップ解除する

プレゼンテーション中に再生したくないスライドはスキップできます。スキップは、2つのバージョンのスライドを保持したいが、プレゼンテーションで表示したいのはそのうちの1つだけといった場合に便利です。スキップしたファイルは、ほかのスライドと同じように選択したり編集したりできます。スキップしたスライドを表示する設定を選択した場合は、スライドナビゲータでは横線として、ライトテーブルビューでは淡色表示のサムネールとして表示されます。

後でプレゼンテーション再生時にスライドを出現させたい場合は、スキップを解除できます。

スキップされたスライドが横方向の線として表示されたスライドナビゲータ。
  • スライドをスキップする: スライドナビゲータで、スライドをクリックして選択するか、複数のスライドを選択してから、画面上部の「スライド」メニューで、「スライド」>「スライドをスキップ」と選択します。Controlキーを押しながらスライドナビゲータでスライドをクリックしてから、「スライドをスキップ」を選択することもできます。

  •  スライドをスキップ解除する: スライドナビゲータで1枚以上のスライドを選択してから、画面上部の「スライド」メニューで、「スライド」>「スキップを解除」と選択します。Controlキーを押しながらスライドナビゲータでスライドをクリックしてから、「スキップを解除」を選択することもできます。

公開日: 2019/07/03
役に立ちましたか?