iTunes 10 for Windows: iTunes の [詳細] 設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
iTunes の [詳細] 設定

設定に加えた変更は、設定ウィンドウを閉じると有効になります。

設定
説明

[iTunes Media] フォルダーの場所

iTunes にインポートした曲およびその他のファイルが置かれる場所を変更するときは、[変更] をクリックします。

ファイルの元の場所(ホームフォルダー\ミュージック\iTunes)に戻すときは、[リセット] をクリックします。

[iTunes Media] フォルダーを整理

インポートした音楽を自動的にアルバムやアーティストのフォルダーに分類します。

ライブラリへの追加時にファイルを [iTunes Media] フォルダーにコピーする

項目を iTunes ウィンドウにドラッグするか、[ファイル] メニュー> [ライブラリに追加] と選択すると、[iTunes Media] フォルダーにその項目がコピーされます。

項目を iTunes に表示したいけれどもそれらの保管場所は変更したくない場合は、このチェックボックスの選択を解除します。たとえば、CD からインポートした音楽はコンピューターのハードディスクに保管しておき、ビデオファイルは外部ハードディスクに保存しておくことができます。

[Option] キーを押しながらドラッグすると、現在のチェックボックス設定が一時的に逆になります。

ストリームのバッファサイズ

オーディオやビデオがどのくらいダウンロードされると再生が開始するかを変更します。バッファを大きくするほど、ビデオがより滑らかに再生されます。インターネット接続が高速な場合は、バッファを小さくするほどより早く再生が始まります。

インターネット再生に iTunes を使用

iTunes を使って、インターネットラジオ局、MP3、およびインターネット上のその他のオーディオファイルを再生します。

すべてのダイアログの警告をリセット

1 つ以上のダイアログ(メッセージを含む小さなウィンドウ)で [このメッセージを再度表示しない] を選択している場合は、[リセット] をクリックすることで、iTunes をはじめて開いたときのようにそれらのメッセージが再度表示されるようになります。

iTunes Store のキャッシュをリセット

Store ページにアクセスすると、それらはコンピューター上の [キャッシュ] と呼ばれる一時的な場所に保存されます。後でそのページに戻ったときに、キャッシュからページを取得できるので、インターネットから取得する場合よりも速く表示されます。

ページ上のコンテンツが古いと感じる場合は、キャッシュをリセットして最新のページを取得することをお勧めします。ページが正しく開かないと感じる場合にも、キャッシュをリセットすることをお勧めします。

ミニプレーヤーをほかのすべてのウィンドウより常に手前に表示

iTunes 以外のアプリケーションを使用している場合でも、開いているすべてのウィンドウの手前に常にミニプレーヤー(緑色のズームボタンをクリックした後の iTunes ウィンドウ)を表示します。

ムービーウィンドウをほかのすべてのウィンドウより常に手前に表示する

iTunes 以外のアプリケーションを使用する場合を含めて、ビデオを別のウィンドウで再生するときに、開いているすべてのウィンドウの手前に常にムービーウィンドウを表示します。

フルスクリーンビジュアライザを表示する

ビジュアルエフェクトを iTunes ウィンドウの内部ではなくフルスクリーンで表示します。

公開日: 2014/03/25
役に立ちましたか?