Final Cut Pro X: Final Cut Pro 10.1 の新機能

Final Cut Pro 10.1 の新機能

「Final Cut Pro 10.1」には、以下で詳しく説明する多くの新機能と機能強化が含まれています。

パフォーマンスと Mac Pro に向けた最適化

「Final Cut Pro 10.1」は、以下の点でパフォーマンスが向上しています:

  • 新しい Mac Pro のマルチ GPU を活用するための最適化

  • HDMI および Thunderbolt 出力。最大フレームサイズ 4K(UltraHD および DCI 4K)

  • 再生とレンダリングのパフォーマンスの向上に加え、アプリケーションとプロジェクトをすばやく起動

  • 一度に多数のクリップに対して変更を加えたりキーワードを割り当てたりする際のパフォーマンスの向上

  • 4K プロジェクトに合わせて調整された、選りすぐりのタイトル、エフェクト、その他メディアコンテンツ

プロジェクトおよびメディア管理

プロジェクトおよびメディア管理ツールが以下のように強化されました:

  • ライブラリの導入に伴うメディア管理の向上。新しい方法で、複数のイベントと複数のプロジェクトが 1 つのコンテナにまとまります

  • プロジェクトのスナップショット:特定のプロジェクトの以前のバージョンにすばやく戻ることができるオンデマンドバックアップ

  • 「Final Cut Pro X」のライブラリの外部にメディアファイルを保存することで、さまざまな SAN の特定のフォルダにあるメディアにアクセスが可能

  • MTS および M2TS ファイルを直接「Final Cut Pro」に読み込む

  • 使用クリップ範囲インジケータで、すでにプロジェクトで使用されているクリップを一目で確認

  • 「メディアの読み込み」ウインドウで iOS デバイスから写真を直接読み込む

  • 静止画像の縦横についてのメタデータのサポート

詳しくは、ライブラリの整理の概要メディア管理の概要、および編集の概要を参照してください。

再生およびエフェクト

「Final Cut Pro」の再生インターフェイスの大幅な向上と強力な新しいエフェクト機能により、ワークフローが強化されます。

  • リタイミングの向上によって、今まで以上に簡単にカスタムの速度を設定できるようになりました。インターフェイスに直接フレームレートを入力できます。また、フレームを指定してジャンプカットを作成したり置き換えとリタイミングを一度に実行したり、タイムライン上のクリップをリップルせずにリタイミングしたりすることができます。詳しくは、クリップのリタイミングの概要を参照してください。

  • InertiaCam」という新しい手ぶれ補正の方法は、パンやズームなどカメラが移動するビデオ素材を滑らかにするために最適化されています。「三脚モード」では、三脚に固定したカメラの効果が作成されます。過剰なぶれやローリングシャッターの問題を修正するを参照してください。

  • 向上したオプティカル・フロー・アルゴリズムによって、今までよりもリタイミングとフレームレートがすばやく一致するようになりました。さらに、2 つの GPU が搭載されている Mac コンピュータでは、両方の GPU でこのオプティカル・フロー・アルゴリズムを利用でき、GPU が 1 つの場合と比べて 2 倍以上の速さが実現されています。

  • Web ビデオ、デジタルサイネージ、その他の規格外のフレームサイズ用にカスタムなプロジェクト解像度を作成できるようになりました。プロジェクトの設定を変更するを参照してください。

  • 「ビューア」メニューの新コントロールによって、再生時の品質とパフォーマンスの優先順位を切り替えることができます。また、プロキシメディアと、元のメディアまたは最適化されたメディアとの切り替えもできます。再生品質およびパフォーマンスを制御するを参照してください。

  • MacBook Pro Retina ディスプレイモデルでは 2K フレームのすべての画素が表示されるようになりました。

編集

編集ツールの向上によって、今まで以上にクリエイティブで柔軟な作業ができます。

  • すべての種類のクリップでスルー編集がサポートされるようになりました。新しい「クリップを結合」コマンドを使用すると、ブレードによるタイムライン上のクリップの分割が解除されます。「ブレード」ツールを使ってクリップをカットするを参照してください。

  • タイムライン上のマルチカムクリップオーディオ部分を切り離して、オーディオとビデオを別々に操作できます。また、マルチカムクリップをソースとしてビデオまたはオーディオのみをタイムラインで編集することもできます。

  • J カットおよび L カットのオーディオカットをビデオから個別にブレードできます。開いたスプリット編集でオーディオをロール編集することもできるようになりました。

  • タイムラインでクリップを選択していない場合は、この時点で再生ヘッドに、属性がインスペクタに表示されているクリップを示す白いドットが表示されます。

  • トランジションと一緒にクリップを移動することがより簡単になりました。

詳しくは、編集の概要を参照してください。

共有

プロジェクトの書き出し時に、新しい共有オプションを使用できるようになりました:

  • 完成した 4K ビデオを YouTube に直接共有できます。

  • 中国のビデオ共有 Web サイトの Youku および Tudou にビデオを直接共有できます。

  • 共有している項目の状況についての通知を受け取ることができます。

詳しくは、プロジェクトの共有の概要を参照してください。

オーディオ

タイムラインの個々のオーディオチャンネルにオーディオ・フェード・ハンドルが追加されました。詳しくは、オーディオをフェードイン/フェードアウトするを参照してください。

他社製品のサポート

「Final Cut Pro 10.1」では、他社製品のサポートオプションが増えました:

  • 開発者は共有操作をカスタマイズするための新しい API を利用できます。

  • 「FXPlug 3」がアップデートされ、カスタムなエフェクトインターフェイスを設計できるようになりました。

  • エフェクトパラメータ、フォント、およびテキストサイズの情報が XML ファイルに保持されるようになりました。

一般

ブラウザを隠して画面領域を広げることで、大きなビデオイメージを使用してカラーグレーディングなどを簡単に実行できるようになりました。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?