Final Cut Pro X: ライブラリの管理の概要

ライブラリの管理の概要

「Final Cut Pro」では複数のライブラリを作成し、必要に応じて開いたり閉じたりして作業できます。イベントおよびプロジェクトはライブラリ間で簡単にコピーできます。これによって、メディア、メタデータ、および作品を別のシステムにすばやく簡単に移動でき、ポータブルコンピュータでの編集やほかの編集者との共同作業、プロジェクトやメディアのアーカイブ作成に役立ちます。

「ライブラリ」サイドバーでライブラリが開かれ、選択されたイベントがブラウザに表示されている

ライブラリごとに、メディアファイル、キャッシュファイル、ライブラリバックアップの保存場所を設定できます。詳しくは、保存場所を管理するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?