Final Cut Pro X: プロジェクト、イベント、およびライブラリを統合する

プロジェクト、イベント、およびライブラリを統合する

プロジェクトを作成するときは、ローカルコンピュータや外部ストレージデバイスなど、さまざまな場所のメディアファイルを使用する可能性があります。プロジェクト、イベント、またはライブラリに使用されているメディアが複数のフォルダや複数のストレージデバイスにある場合、すべてのメディアを 1 つの場所(1 つのストレージデバイス上)にまとめることができます。この処理によってアーカイブの作成が容易になります。また、共有ストレージを使用するなどして、ほかのユーザが簡単にメディアにアクセスできるようになります。

「統合」は、ファイルを現在のライブラリ保存場所に配置するコマンドです。メディアファイル、Motion コンテンツ、キャッシュファイル、およびライブラリ・バックアップ・ファイルの保存場所は、「ライブラリのプロパティ」インスペクタで表示および設定します。

「統合」コマンドは以下のルールに従います:

  • ライブラリから外部フォルダにファイルを統合する場合、ファイルは移動します。

  • 外部フォルダからライブラリ、またはある外部フォルダから別の外部フォルダにファイルを統合する場合、ファイルはコピーされます。

これらのルールによって、ほかのライブラリからのリンク切れが回避されます。

注記:すでにメディアが外部にあり、ほかのライブラリによって使用されていない場合は、統合後に手動で元のメディアを削除して保存領域を節約できます。

ライブラリ、イベント、またはプロジェクトのソース・メディア・ファイルを 1 つの場所にまとめる

  1. 「ライブラリ」サイドバーが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある「ライブラリ」ボタンをクリックします。

      「ライブラリ」ボタン
    • 「ウインドウ」>「移動」>「ライブラリ」と選択します(または Command + 1 キーを押します)。

  2. 統合するファイルを選択するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ライブラリ」サイドバーでライブラリを選択します。

    • 「ライブラリ」サイドバーで 1 つまたは複数のイベントを選択します。

    • 「ライブラリ」サイドバーでイベントを 1 つ選択してから、ブラウザで 1 つまたは複数のプロジェクトを選択します。

  3. 「ファイル」>「Motion コンテンツを統合」と選択します。

  4. 表示されたウインドウで、ファイルを統合するライブラリを確認します。

  5. 最適化されたメディアまたはプロキシメディアを含めたい場合は、表示されたウインドウでチェックボックスを選択します。

  6. 「OK」をクリックします。

    メディアが現在のライブラリ保存場所にコピーされます。ライブラリ保存場所を表示または変更するには、保存場所を管理するを参照してください。

    統合するものがないことを示すメッセージが表示される場合は、すべてのメディアファイルがすでに 1 つの場所にまとめられていて、1 つのストレージデバイス上にあることを意味します。

ライブラリの Motion コンテンツを統合する

デフォルトでは、「Final Cut Pro」で使用するエフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータを「Motion」で作成またはカスタマイズすると、その Motion コンテンツは「ムービー」フォルダ内の「Motion Templates」フォルダに保存されます。これらの Motion コンテンツをライブラリ内に保存することもできます。これは、プロジェクトやライブラリを別の Mac に移動したり、作業のバックアップを作成してアーカイブしたりするときに便利です。Motion コンテンツファイルの保存場所を管理し、コンテンツを「Motion Templates」フォルダまたはライブラリに統合するときは、「ライブラリのプロパティ」インスペクタを使用します。

重要:以下に説明する「統合」コマンドは、選択したライブラリのプロジェクトまたはイベントに追加されたエフェクト、トランジション、タイトル、またはジェネレータでのみ機能します。その他の Motion コンテンツは影響を受けません。

  1. 「ライブラリ」サイドバーが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある「ライブラリ」ボタンをクリックします。

      「ライブラリ」ボタン
    • 「ウインドウ」>「移動」>「ライブラリ」と選択します(または Command + 1 キーを押します)。

  2. 「ライブラリ」サイドバーでライブラリを選択します。

  3. 「ファイル」>「Motion コンテンツを統合」と選択します。

    Command + 4 キーを押して「ライブラリのプロパティ」インスペクタを開き、「Motion コンテンツ」セクションで「統合」をクリックすることもできます。

  4. 表示されるウインドウで、ファイルの統合先となる保存場所(ライブラリファイルまたは「Motion Templates」フォルダ)を確認します。

    統合するものがないことを示すメッセージが表示される場合は、すべてのメディアファイルがすでに 1 つの場所にまとめられていて、1 つのストレージデバイス上にあることを意味します。

  5. 「OK」をクリックします。

    ライブラリで使用中の Motion コンテンツファイルが、ライブラリの現在の Motion コンテンツ保存場所(ライブラリファイルまたは「Motion Templates」フォルダ)にコピーされます。ライブラリ保存場所を表示または変更するには、保存場所を管理するを参照してください。

注記:「Final Cut Pro」で使用するエフェクト、トランジション、タイトル、ジェネレータを「Motion」で作成またはカスタマイズした場合、ライブラリ間やストレージデバイス間でコピーまたは移動操作を行うときは、先に Motion コンテンツの保存場所を「ライブラリ」に設定してください。そうしないと Motion コンテンツが操作に含まれません。詳しくは、Motion コンテンツの保存場所を管理するを参照してください。他社製の(FxPlug)コンテンツは「Final Cut Pro」のライブラリ内では管理されないため、上記にかかわらず手動で追跡および移動する必要があります。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?