Final Cut Pro X: ジャンプカットを使ってクリップの速度を上げる

ジャンプカットを使ってクリップの速度を上げる

長いクリップを高速再生せずに再生時間を短縮するには、ジャンプカットを作成して、特定の数のフレームを周期的にスキップすることができます。たとえば、人が廊下を歩く 10 秒間のショットがある場合、10 秒間すべてを使って再生するのではなく、2 秒ごとにジャンプカットを作成して 30 フレームずつスキップすることで、アクションをわずかな時間に短縮できます。

  1. タイムラインで、速度を上げるクリップを選択して、ジャンプカットを作成する各フレームにマーカーを追加します。

    タイムラインでクリップが選択され、マーカーが追加されている
  2. ビューアの下にある「リタイミング」ポップアップメニューをクリックし、「マーカーでジャンプカット」を選択して、サブメニューからフレーム数を選択します。

    ビューアの下の「リタイミング」ポップアップメニュー

    3、5、10、20、または 30 フレームをスキップできます。

    タイムラインでクリップのマーカー位置に追加されたジャンプカット
公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?