iMovie for iOS (iPhone, iPod touch): AirDropを使って別のデバイスから読み込む

AirDropを使って別のデバイスから読み込む

AirDropを使えば、別のiPhoneまたはiPadにあるiMovieプロジェクトまたはプロジェクトメディアをiPhoneやiPadに転送できます。たとえば、iPhoneでプロジェクトの編集を開始して、iPadで仕上げることができます。

AirDropはLightningコネクタを備えたiOSおよびiPadOSデバイスで使用できます。AirDropでは、情報はWi-FiまたはBluetoothテクノロジーを使用して転送されます。デバイスが同じWi-Fiネットワークに接続しているか、他方のデバイスから10メートル(30フィート)以内にある必要があります。セキュリティを確保するため、転送は暗号化されます。

別のデバイスからiMovieプロジェクトを読み込む

  1. 転送元にしたいデバイスでiMovieを開き、以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトブラウザから: 転送したいプロジェクトをタップします。

    • プロジェクトを編集している場合: 「完了」をタップします。

  2. 「送信」ボタン をタップし、「プロジェクトを書き出す」をタップしてから、「AirDrop」をタップして、転送先にしたいデバイスをタップします。

    重要: プロジェクトファイル(再生はできても編集はできないビデオファイルとは異なります)を送信する場合は、必ず「プロジェクトを書き出す」をタップしてから「AirDrop」をタップしてください。

    他方のデバイスが自動的に表示されない場合は、両方のデバイスのコントロールセンターでAirDropがオンになっていることを確認してください。

  3. 転送先にしたいデバイスにAirDropのメッセージが表示されたら、「決定」をタップします。

    プロジェクトを読み込んだ後、メディアをフォトライブラリにコピーして、ほかのプロジェクト用にiMovieのメディアブラウザで使用可能にする必要があります。iMovieでビデオを収録する/写真を撮影するを参照してください。

別のデバイスからビデオまたは写真を読み込む

  1. 転送元にしたいデバイス上のiMovieまたは「写真」Appで、転送したいビデオクリップ、写真、またはムービーをタップします。

  2. 「送信」ボタン をタップし、転送先にしたいデバイスをタップします。

    他方のデバイスが自動的に表示されない場合は、両方のデバイスのコントロールセンターでAirDropがオンになっていることを確認してください。

  3. 転送先にしたいデバイスにAirDropのメッセージが表示されたら、「決定」をタップします。

    読み込まれたメディアはフォトライブラリに追加されます。ビデオクリップや写真を追加するの指示に従って、そのメディアをiMovieのムービープロジェクトまたは予告編プロジェクトに追加します。

公開日: 2019/10/17
役に立ちましたか?